「私が悪かったなあ」と今では納得できる、彼氏にフラれた理由9パターン


大好きな彼氏と付き合っていたのに、突如別れを告げられてしまうことはあります。その事情は様々ですが、後から振り返って反省することで、次の恋愛に活きたという女性は多いようです。今回は20代から30代の独身女性268名に聞いたアンケートを参考に、「『私が悪かったなあ』と今では納得できる、彼氏にフラれた理由9パターン」をご紹介します。

  • 【1】悩みがあっても相談しないなど彼氏に自分の弱い部分を見せられなかった

    「変に強がってばかりいた」(20代女性)など、好きな彼氏の前で格好をつけてしまっていたことを反省する女性は多いようです。落ち込んだときは素直に甘えるなど、思い切って弱さをさらけだした方が、彼氏に大切にしてもらえそうです。

  • 【2】ケンカの原因はすべて彼氏のせいと決めつけていた

    「彼が自分の思い通りにならないのが許せなかった」(20代女性)など、精神的な未熟さからケンカを繰り返していたという女性も。恋人同士でも考え方や意見がぶつかることは多々あります。それを受け入れることが、大人の恋愛の第一歩かもしれません。

  • 【3】彼がくっついてきても恥ずかしくてイチャイチャできなかった

    「スキンシップが苦手すぎた」(20代女性)など、恋人らしい行動に抵抗があったことが別れの原因だと振り返る女性も。「好き」という気持ちは、行動で表さなければ伝わらないもの。素直に感情を表現することで、お互いの信頼関係は深まるでしょう。

  • 【4】構ってほしくて、ワザと怒らせて気を引いたりしていた

    「彼氏を振り回して疲れさせていた」(20代女性)など、自分を大切にしてほしいあまりに、ワザと彼氏に迷惑をかけていた女性もいるようです。子供っぽい愛情表現ですが、相手に負担をかけるのはいただけません。デートの回数を増やすなど、愛情を実感する方法は他にもあるはずです。

  • 【5】元カレとの経験談を何度も繰り返し聞かせてしまった

    「私の話を何でも聞いてくれると思い込んでいた」(20代女性)など、彼氏を心から信頼したために、かえって相手にとって不快な話をしてしまったという女性も。元カレとの恋バナを聞かされて楽しい男性はいません。無神経だと思われる話題には気をつけたいものです。

  • 【6】常に彼氏からの連絡を待つだけで、自分からは一切何もしなかった

    「基本的に受け身すぎた」(20代女性)など、常に彼氏のエスコート任せだったことを反省している女性も。恋愛に対して消極的な態度を続ければ、男性のテンションも下がってしまいます。時には自分からデートコースを提案するなど、楽しさを共有する努力も必要でしょう。

  • 【7】自分を優先してほしくて、男友達との付き合い方にも口出ししてしまった

    「気がついたら束縛しまくってた」(20代女性)など、彼氏を独り占めしたいあまりに、友人関係にまで口出ししていた女性も。多少の嫉妬は可愛く思われますが、「束縛」にまで発展するのは頂けません。彼氏の日常生活を尊重する余裕を持ちたいものです。

  • 【8】自分の仕事や学業を優先して、月に一回程度しか会わなかった

    「就職したばかりの時期で、仕事のことしか考えられなかった」(20代女性)など、お互いの「会いたい気持ち」に温度差があれば、すれ違ってしまうのは仕方ありません。週末のデートのために平日の仕事を頑張るなど、恋愛のための時間もキチンと作りたいものです。

  • 【9】相手の気持ちを考えずに、男友達と頻繁に遊んでいた

    「自分はそれが普通だと思っていた」(20代女性)など、奔放な行動で彼氏に余計な心配をかけていたという女性も。相手の気持ちを思いやれなければ、良い関係は続けられません。お互いの「されると嫌なこと」を話し合って、自分たちなりのルールを作るとよさそうです。

フラれる原因は人によってそれぞれですが、誰もがいきなり「完璧な彼女」になれるわけではありません。失敗を糧に少しずつ成長していくことで、新しい恋がより素敵なものになるはずです。(呉 琢磨)

【調査概要】
期間:2013年3月20日(水)から3月26日(火)まで
対象:合計268名(20代、30代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock