男性に「この子のためにお金を使いたくないな…」と思われてしまう女性9パターン


好きな女性のためなら出費を惜しまない男性も、相手に「おごりがいがない」と悟ったとたん離れていってしまうようです。どんな言動が、男性のおもてなしの気持ちを萎えさせてしまうのでしょうか? そこで今回は、10代から30代の独身男性168名に聞いたアンケートを参考に「男性に『この子のためにお金を使いたくないな…』と思われてしまう女性」をご紹介します。

  • 【1】会計のときに財布を出そうとしない

    「『男が払って当然でしょ』っていう態度が嫌」(20代男性)というように、男性は女性の「払おうとする姿勢」から、もてなしへの感謝を感じ取るようです。ポーズでもいいのでお財布を出し「ありがとう」とお礼を述べましょう。

  • 【2】男性に脈がないのに、利用しようとしているのがミエミエ

    「本気じゃない相手に尽くすのはバカらしい」(20代男性)というように、恋人ではなく「お財布代わり」にしようという魂胆は男性に伝わるもの。都合のいい男性を何人もキープするより、一人の本命を探したほうが幸せになれそうです。

  • 【3】ごちそうしてもらった食事に対して「味がイマイチ」などと文句を言う

    「たしかにマズかったけど、お金出してない人に言われたくない」(20代男性)というように、女性に料理をダメ出しされてカチンときたという男性も。どんな食事でも、まず「ごちそうさま」と感謝するのがマナーと言えるでしょう。

  • 【4】食事や遊びに対するリアクションがあまりにも薄く、感想も話さない

    「笑顔が見たくておごっているのに!」(20代男性)というように、楽しんでいる様子が伝わってこないので、男性におごる意味がないと思われることも。デート中は普段よりも少し大げさに笑ったり、喜んだりしたほうがよさそうです。

  • 【5】電車賃など少額のおごりでは「ありがとう」と言わない

    「まあ、大した額ではないんだけどさぁ…」(20代男性)というように、ちょっとしたおごりには感謝もしない女性を見てテンションが下がったという男性も。むしろ「電車賃まで出させてごめんね」など、少額のときこそ感謝を強調すると、男性の印象に残るでしょう。

  • 【6】元カレのプレゼントを全てリサイクルショップで現金化したことを悪びれず話す

    「それって、俺に話す必要ある?」(30代男性)というように、いただきものを現金に換えた話をすると、「自分の贈り物も同じ運命に…?」と考える男性も。元カレのプレゼントの話題はあえて出すべきものではないようです。

  • 【7】聞いてもないのに景気のいい男性と付き合っていたときの思い出話をする

    「社会人と学生の俺を比べないで」(10代男性)というように、お金持ちと比べられると「俺がおごれる範囲じゃどうせ満足できない」などと思ってしまうようです。羽振りの良かった過去の男性は、早めに忘れたほうが幸せになれるかもしれません。

  • 【8】結婚願望がなく「もっと遊びたい!」などと言っている

    「いい男が現れたら別れるってことでしょ? そりゃ、やる気なくしますよ」(20代男性)というように、将来を考えられない相手に使うお金は惜しいという男性も。結婚はまだ先と思っていても、男性に一途な姿勢を見せて損はないでしょう。

  • 【9】すぐにタクシーを使おうとしたり、ちょくちょく無駄遣いをしたりしている

    「お金を大切にしてない証拠だし、付き合ったら自分の金も浪費されそうでいや」(20代男性)というように、歩ける距離でタクシーを使うなどの行為から金銭感覚の違いを感じる男性も。男性にお金を使わせない気遣いを感じさせる女性ほど、おごりたくなるというのが男心なのかもしれません。

自分もお金を払おうとする姿勢や、相手の出費を抑えようとする姿勢を見せること、そして、何かしてもらったときのリアクションの良さが「おごりたくなる女」の条件と言えそうです。(外山武史)


【調査概要】
期間:2013年7月21日(日)から7月28日(日)まで
対象:合計244名(10代、20代、30代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock