「結婚する気ないだろ…」と思われてしまう女性社員の特徴9パターン


忙しいからといって、身だしなみや生活への手抜きに慣れてしまうのは考えもの。気を抜きすぎて、男性から「嫁に行けなそう」と思われるのは誰しも避けたいところです。そこで今回は、20代から40代の未婚男性500名に聞いたアンケートを参考に、「男性社員に『結婚する気がないんだな』と思われてしまう女性社員の特徴」をご紹介します。

  • 【1】食事は常に外食で料理を作る気配がない

    お弁当を持ってくる女子が多いから、料理が苦手なのかなと思ってしまう」(30代男性)という意見もあり、いつも外食ばかりしている女性は、「家庭的ではない」と思われるようです。週に1回はお弁当を持参すると、よくないイメージを払拭できるかもしれません。

  • 【2】一人で飲みに行くなど「おひとり様行動」が多い

    「もう男なんていらないんだな」(20代男性)という意見からもわかるように、何でも一人で楽しんでいると「彼氏がいらない人」という誤解を受けるかもしれません。たまには気になる男性を誘ってみるなど、異性ともフランクにつき合ってみてはいかがでしょうか。

  • 【3】結婚した社員に対してネガティブ発言をする

    「そうやってひがんでると、結婚が余計に遠のくよ!」(30代男性)というように、新婚や既婚の社員に冷たく当たっていると、男性に引かれてしまうかもしれません。「うらやましいな」「あやかりたいわ」と羨んでみせたほうが、素直でかわいいと思われるのではないでしょうか。

  • 【4】理想が高く「いい人がいない」が口癖になっている

    「そんな理想を言ってるのは、本気で結婚する気がない証拠」(20代男性)というように、自分を棚に上げて選り好みしていると、男性から反感を買ってしまうようです。「恋人募集中なんです」と発言してみるなど、恋愛する気があることをかわいくアピールしてみてはいかがでしょうか。

  • 【5】貯金をまったくせずに給料やボーナスを使い切る

    「将来のことを全然考えてないなぁ」(20代男性)という声もあり、お金の使い方が荒いと、結婚してもやりくりができないと思われてしまうようです。定期預金をはじめるなど、少しずつ将来を見据えた行動をしてみてはいかがでしょうか。

  • 【6】仕事ばかりしていて私生活が見えない

    「一生仕事をしていそう。プライベートが想像できない」(20代男性)など、キャリア志向の女性は「仕事が恋人」というイメージがあるようです。休みの日に趣味を楽しんだ話などをして、「素顔の自分」を見せると、仕事だけの人間ではないことが伝わるのではないでしょうか。

  • 【7】会社の飲み会に毎回参加してハメを外している

    「オールばかりしている女性は、結局まだ遊びたいんだと思っちゃう」(30代男性)という意見もあり、ノリがよすぎる女性は結婚相手として見られなくなる可能性があるようです。誠実な交際がしたければ、たまには飲み会を断ったり、終電で帰るなどして、自分の行いも堅実なものに変えていったほうがいいでしょう。

  • 【8】すっぴんでも平気で出社する

    「恋愛も結婚も、女であることすら放棄しているように見える」(30代男性)というように、メイクをしない女性に、女としてのやる気を感じない男性もいるようです。濃いメイクをする必要はありませんが、顔色が悪いときはチークを入れたり、ガサガサな唇にならないようリップケアをするなど、最低限の身だしなみは整えておきましょう。

  • 【9】いつまでも実家暮らしを続けている

    「親にべったりで、自立なんて考えていないんじゃないかな」(30代男性)という意見もあり、実家で暮らしていると「親元から離れられないのではないか」と思われることもあるようです。疑惑を払拭するためにも、状況が許せば一人暮らしを検討してはいかがでしょうか。

男性から「結婚する気がないんだな」と思われないためには、女性らしさを大切にして、恋愛する意欲を感じさせることが必要かもしれません。ほかにも「男性社員に『結婚する気がないんだな』と思われてしまう女性社員の特徴」について何かエピソードがあれば教えてください。みなさんのご意見をお待ちしています。(持丸未来)


【調査概要】
期間:2013年3月25日(月)から4月1日(月)まで
対象:合計500名(20代、30代、40代の未婚男性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock