後輩のやる気を削ぐ「ちょっとした一言」9パターン


こちらに他意がなかったとしても、先輩のふとした言葉に傷つき、やる気をなくす後輩もいるようです。打たれ弱い後輩に意欲的に仕事をしてもらうためにも、言葉づかいには注意が必要かもしれません。そこで今回は、『スゴエル』読者へのアンケートを参考に、「後輩のやる気を削ぐ『ちょっとした一言』」をご紹介します。

  • 【1】書類を渡したときの「とりあえず、そこ置いといて」

    「急ぎって言われたから頑張って早くやったのに…」(20代女性)というように、軽くあしらうかのような一言に「努力を無下にされた」と感じる後輩もいるでしょう。どんなにバタバタしていても、きちんと目を見て「ありがとう」と感謝の気持ちを伝える心の余裕を持ちましょう。

  • 【2】ミーティングで意見を述べたときの「ありえないでしょ」

    「一度全否定されてから、恐くて発言できなくなりました」(20代女性)というように、せっかくの後輩の意見を一蹴すると、発言することに恐怖心を抱いてしまう可能性もあります。現実的ではない意見だった場合は「そういう考えもあるね。でも、予算的にはどうかな」など、一度肯定してから諭すとよいかもしれません。

  • 【3】発言を確認したときの「そんなこと言ったっけ?」

    「自分の言ったことを忘れて人のせいにするなんて…ひどい!」(20代女性)というように、他意がないにせよ、このような無責任な一言に「尊敬できない」という声もあがっています。「言った」「言わない」の水掛け論にならないよう、依頼した内容などはメモに残しておいてはいかがでしょうか。

  • 【4】改善点を提案したときの「私の言う通りにしてくれればいいから」

    「良い企画にしたいから思い切って話したのに、悲しくなった」(20代女性)というように、積極性を押さえつけるような言い方をすると、後輩を傷つけてしまうかもしれません。あまり良い提案だと思えない場合も、「ありがとう。考えてみるね」など、一度持ち帰る姿勢だけは見せたほうがいいのではないでしょうか。

  • 【5】ミスを報告したときの「やると思った」

    「本当にそう思ってるなら先に言ってよ!」(20代女性)というように、「当然間違えると思っていた」と言わんばかりの一言に、ショックを受ける後輩もいるようです。もし普段の行動に原因があると思うなら、どの部分が問題なのか具体的に指摘してあげたほうが親切でしょう。

  • 【6】仕事を振られたときの「誰でもいいから手伝ってよ」

    「『私じゃなくてもいいのね』と思ったら、やる気がゼロになった」(20代女性)というように、思いやりに欠けた一言に、投げやりな気持ちになってしまう後輩もいるようです。人は、「自分だから任された」と思えば頑張れるものです。「仕事が速いあなただからお願いしたいの」と、後輩のやる気がわくような言い方を工夫してみてはいかがでしょうか。

  • 【7】悩みを相談したときの「へーき、へーき!」

    「所詮、人ごとなんだなってガッカリしました」(20代女性)というように、真剣な悩みに対して、何の根拠もなく軽々しい励ましをするのは逆効果かもしれません。逆に、社会人の先輩としての経験談もまじえて、一緒に解決策を探ってあげれば、「信頼できる先輩」として一目置かれるのではないでしょうか。

  • 【8】入社したてのときの「新人さん!」

    「名前を覚えてくれてない時点で『もう辞めたい』って思った」(20代女性)というように、固有名詞で呼ばれないことで、ぞんざいに扱われたと思い込んでしまうこともあるようです。後輩とはいえ、声をかける前に席次表などを確認し、きちんと名前で呼ぶのが最低限の礼儀ではないでしょうか。

  • 【9】何か質問したときの「他の人に聞いて」

    「面倒くさそうにされて、思わずイラッとした」(20代女性)というように、仕事の質問が受け付けられないと、「何のための先輩?」とガッカリされても仕方がないでしょう。自分が忙しくて手が回らないときは、「今は手が離せないから、30分後でも大丈夫?」など、対応する気持ちはあることをアピールしましょう。

ほかにも「後輩のやる気を削ぐ『ちょっとした一言』」に関するエピソードがあれば教えてください。みなさんのご意見をお待ちしています。(榎本洋子)
Photo:All images by iStock