「いま暇?」とお局様に面倒な仕事を押し付けられそうな時の上手なかわし方9パターン


お局様から突然「いま暇?」と声をかけられて、思わず「はい」と言ってしまったが最後。「結局、厄介事を押し付けられてしまった」という人は少なくないのではないでしょうか。そこで今回は、20代から40代の未婚女性500名に聞いたアンケートを参考に、「『いま暇?』とお局様に面倒な仕事を押し付けられそうな時の上手なかわし方」をご紹介します。

  • 【1】「いま、○○商事の方を待たせてるんです」と取引先を盾にする

    「クライアントを理由にすればたいていあっさり諦める」(20代女性)というように、取引相手を理由に面倒な依頼を避けるパターンです。「急がないとクレームになってしまうので…」と、取引先を思う姿勢を見せれば、お局様もそれ以上は何も言えないでしょう。

  • 【2】「伝票処理と書類作成が今日中で…」と忙しいアピールをする

    「私がすぐに手伝えないとわかるや、ほかの子をあたってた(笑)」(20代女性)というように、仕事が立て込んでいると伝えれば、厄介事を押し付けられずにすむかもしれません。すぐに切り返せるよう、TO DOリストを作って、今どんな仕事を抱えているか把握しておきましょう。

  • 【3】「手が空いたら、こちらから声をかけますね」と先輩に待ちを促す

    「ここで話を聞いてしまったら相手の思う壺!」(30代女性)というように、よかれと思ってお局様の仕事を優先させると、その後も都合よく使われてしまう場合があるようです。待たせる時間の目安を添えれば、「手伝う気はあるんだな」と思ってもらえるのではないでしょうか。

  • 【4】「暇そうに見えます?」と少し不満げに質問返しをする

    「押しの弱い先輩なら、ここで『なんでもない』と引き下がることも」(20代女性)というように、相手の性格によっては思い切って強気に出てもいいかもしれません。仕事が落ち着いたら、「お手伝いしましょうか?」とフォローすれば、機嫌を損ねることもなさそうです。

  • 【5】「このあと課長に呼ばれているんです」と先約があると伝える

    「予定があると伝えるのが一番無難で角もたたない」(20代女性)というように、「先約」の存在は強い防御壁となりそうです。先約がない場合も「課長に確認したいことがあるので…」と、上司の名前を出しつつ、急ぎの対応は難しいことを伝えてはいかがでしょうか。

  • 【6】「10分でよければ手が空きますが…」と簡単な作業なら手伝えると譲歩する

    「時間を切ってしまえば、そこまで面倒な仕事は頼んでこないはず」(30代女性)というように、先に制限時間を宣言することで、ズルズルと手伝わされる事態を回避できそうです。時間内にできなかった部分は、それがわかるようにして引き継げば、お局様が困ることもないでしょう。

  • 【7】「面倒な仕事ならやりませんよー!」と冗談めかして釘をさす

    「先輩も、さすがにドキッとするはず」(20代女性)というように、お局様の心のうちに気づいていることを匂わせて、やんわりけん制するパターンです。ただし、生意気な子だと思われないように、「冗談ですよ!」と笑い飛ばせる余地を残しておく必要がありそうです。

  • 【8】「いまはちょっと…ちなみに何の用事ですか?」と探りを入れる

    「手伝うかどうかは内容次第! 勇気を持って聞くべし」(20代女性)というように、お局様の真意をそれとなく探って様子を見るという慎重派もいました。もしも手伝うのが難しそうな内容なら、早めに「ほかをあたってほしい」と伝えて詫びたほうがいいでしょう。

  • 【9】「暇じゃないです!」と即答する

    「間髪入れずに断るのがポイント(笑)」(30代女性)というように、相手につけ入る隙を与えず逃げきるパターンです。「切羽詰まっていてそれどころじゃない!」という鬼気迫る雰囲気を醸し出せば、先輩も「この様子では、頼みごとは無理かもな…」と諦めてくれそうです。

無理やり仕事を押し付けられるのは気分が悪いもの。できれば、角がたたないように上手に断りたいものです。ほかにも、「『いま暇?』とお局様に面倒な仕事を押し付けられそうな時の上手なかわし方」があれば教えてください。みなさんのご意見をお待ちしています。(大竹康予/Litofura)


【調査概要】
期間:2013年6月13日(木)から6月20日(木)まで
対象:合計500名(20代、30代、40代の未婚女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock