後輩たちから「イタい!」と思われてしまう残念なデスク8パターン


仕事への姿勢や趣味が表れるオフィスのデスクは、素敵な先輩になれるか、イタいお局様になってしまうかの分かれ道といえるかもしれません。自分のデスクも、後輩たちにチェックされていると考えて、見直してみる必要がありそうです。そこで今回は、20代から40代の未婚女性500名に聞いたアンケートをもとに「後輩たちから『イタい!』と思われてしまう残念なデスク」を探ってみました。

  • 【1】フリルやレース、ピンクの小物がたくさん置いてある

    「森ガールとか不思議ちゃんとかいうには、いかんせん年齢が…」(20代女性)と、少女趣味なアイテムでデスクを飾ると、子どもじみた印象を与えてしまうでしょう。ステーショナリーはミュージアムショップや輸入雑貨店などで吟味すると、後輩たちにセンスを見せつけられるのではないでしょうか。

  • 【2】アイドルの写真やグッズが飾られている

    「『だからリアルな彼ができないんだよ』と見るたびに思います」(20代女性)と、アイドルグッズが満載のデスクは、後輩たちから「年甲斐もなく…」と冷ややかな目で見られているようです。好きなアイドルがいても、グッズをオフィスに持ち込むのはやめたほうがいいでしょう。

  • 【3】デスクの真正面に大きな鏡が置いてある

    「鏡に向かって笑顔の練習をしているのを目撃したときは、見てはならないモノを見てしまったとブルーになりました…」(30代女性)というように、デスクに鏡を置いて自分の表情をチェックするナルシストな姿も不評でした。自分の若い頃、もしくは異様に写りのいい写真を飾っているのも「イタい」と思われるようなので、注意したほうがよさそうです。

  • 【4】引き出しの中にお菓子がぎっしり詰まっている

    「いつもボリボリ何かを食べているのって、なんかオバサンっぽい」(20代女性)と、お菓子だらけのデスクも、ステキな先輩像からは程遠いようです。ただし、輸入物のお洒落な物や話題の限定商品などを厳選し、総量を減らせば、「お洒落な先輩」と印象づけられるかもしれません。

  • 【5】ぬいぐるみやキャラクターグッズであふれている

    「クマのキャラクターが所狭しと飾られたお局様のデスクには、イタすぎて近づけません」(20代女性)というように、大人の落ち着きが感じられないファンシーなキャラクターグッズも、後輩たちをドン引きさせているようです。ゲームセンターでとれるぬいぐるみは安っぽく、特に不評のようなので、身に覚えがある人は撤去したほうがいいかもしれません。

  • 【6】ふと開けた引き出しの中がぐちゃぐちゃである

    「机の上はきれいでも引き出しの中が汚いと、ギャップでだらしない印象が倍増」(20代女性)など、見えないところへの配慮が行き届いていないデスクを「イタい!」と感じる人もいました。引き出しだけでなく、ロッカーやファイルキャビネットの中なども、一度大掃除しておくといいかもしれません。

  • 【7】雪崩がおきるほど書類が積み重なっている

    「いくら仕事ができても、あまりにも乱雑なデスクは女子としてどうかと思う」(30代女性)など、極端に散らかったデスクを「イタい」と感じる人もいるようです。ゴミ箱があふれかえっていたり、ペン立てがギュウギュウ詰めになっていたりする人は、週に一度はデスク周りを掃除する習慣付けをしてはいかがでしょうか。

  • 【8】小物やパソコンなどがギラギラにデコられている

    「30を過ぎてもギャル系趣味を貫くのは、さすがにどうなの?」(20代女性)というように、年相応でない小物使いもポイントを下げる要因になりそうです。自覚のある人は、ネイルやヘアスタイル、メイクなども、「働く大人の女性」を意識して変えてみてはいかがでしょうか。

だらしなさや子どもっぽさといったマイナスポイントが垣間見えるデスクは、後輩から「イタい」と思われてしまうようです。客観的に自分のデスクを眺めてみると、問題点が見つかるかもしれません。ほかにも、「後輩からイタいと思われる残念なデスク」に関するエピソードがあれば、ぜひ聞かせてください。(萩原はるな)


【調査概要】
期間:2013年6月13日(木)から6月20日(木)まで
対象:合計500名(20代、30代、40代の未婚女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock