「社内恋愛は絶対したくない!」と公言する男性社員の本音9パターン


会社で禁止されているわけではないのに、社内恋愛を毛嫌いする男性社員は意外と多いもの。その裏には、様々な真意が隠れているようです。そこで今回は『スゴレン』男性読者へのアンケートから、「『社内恋愛は絶対したくない!』と公言する男性社員の本音」をご紹介します。

  • 【1】別れた後、居心地が悪くなりそうだから

    「円満な別れじゃなかったとき、あることないこと噂されて最悪だった」(20代男性)というように、悪い未来を予想して尻込みする男性もいるようです。飲みの席などで、「今まで付き合った彼氏は、別れた後も全員よい友だちなの」と、後腐れのない性格だということを匂わせてみてはいかがでしょうか。

  • 【2】ミスをしたり上司に怒られたりする姿を彼女に見られたくないから

    「好きな子に、かっこ悪いとこ見せたくないでしょ」(20代男性)というように、男のプライドが邪魔をするようです。意中の男性が叱られているのを見ても、ストレートに励ますのではなく、コーヒーを差し入れしたり、ランチに誘ったりして、彼にとっての「癒し」になるよう振る舞ってはいかがでしょうか。

  • 【3】会社の人に冷やかされたくないから

    「ちょっと話しただけでニヤニヤしながら見てくる奴がいてウザい」(20代男性)というように、同僚にからかわれることを嫌がる男性も少なくないようです。「もし会社に彼ができたら絶対秘密にする」など、シャイな男性を安心させるような意見を述べてみてはいかがでしょうか。

  • 【4】「仕事が忙しい」という言い訳が通用しないから

    「『テッパンの嘘』が使えないのは痛い(笑)」(20代男性)というように、恋人に対するいざという時の「切り札」が使えないことを、ネックだと感じる男性もいました。しかし、そもそもこのような男性は「遊びたい願望」がありそうなので、避けたほうが無難かもしれません。

  • 【5】気が散って仕事に集中できないから

    「彼女が同じ空間にいると、会社でもソワソワしてしまう」(20代男性)というように、彼女のことが気になって、緊張の糸が切れてしまうという意見もありました。「職場恋愛をしても仕事とプライベートはきちんと分けるタイプ」などと宣言すれば、男性も深く考え過ぎていた自分に気づくのではないでしょうか。

  • 【6】他の女性社員と話しづらくなるから

    「後輩と仕事の話をしてただけで睨まれた。めんどくさい!」(20代男性)というように、仕事の邪魔にもなりかねない過剰な嫉妬心に、嫌気がさす男性も多いでしょう。彼の同僚などとも仲良くできる社交性を身につけると、「この子となら、みんなでワイワイ楽しく過ごせそうだな」と思ってもらえるかもしれません。

  • 【7】仕事とプライベートをきっちりと分けたいから

    「社内恋愛をすると彼女といても仕事の話をしちゃいそうで…気が休まらない」(30代男性)というように、彼女に純粋な「癒し」を求める男性もいます。仕事以外の共通点を見つけ、終業後に飲む場合などは「仕事の話抜き」の楽しい時間を演出してはいかがでしょうか。

  • 【8】ケンカしているときでも顔を合わさなければいけないのが嫌だから

    「険悪な雰囲気を会社にまで持ち込まなきゃいけないのが辛い」(20代男性)というように、プライベートなことで仕事に支障をきたすことを心配する男性もいるようです。ケンカなどとは程遠い、穏やかで平和主義な性格をアピールすれば、彼の懸念も払拭できるかもしれません。

  • 【9】浮気がバレたとき周辺の同僚女子も敵に回しそうだから

    「そういうときの女の連帯感ってほんとに恐い(苦笑)」(20代男性)というように、プライベートな問題から、職場での自分の立ち位置まで危険になることを恐れる男性もいるようです。しかし、浮気性な男性と付き合っても幸せになれそうもありません。このような考えから社内恋愛を避けたがる男性のことは、そもそも恋愛対象外にした方がいいでしょう。

ほかにも「『社内恋愛は絶対したくない!』と公言する男性社員の本音」に関するエピソードがあれば教えてください。みなさんのご意見をお待ちしています。(榎本洋子)
Photo:All images by iStock