「細かすぎて付き合ったら疲れそう」と思われる女性社員の行動9パターン


整理整頓ができて、綺麗好きで、細やかな気づかいができる女性は、本来周囲から好ましく思われるもの。しかし、そんな長所も度を越すと短所になりえるようです。そこで今回は、20代から40代の未婚男性500名に聞いたアンケートを参考に「『細かすぎて付き合ったら疲れそう』と思われる女性社員の行動」をご紹介します。

  • 【1】数分の遅刻や急な欠席に厳しく、やたらと怒る

    「デートでもちょっと遅れるだけで怒るんだろうなと思う」(20代男性)という声もあり、少しの遅刻や理由あっての欠席も許さないと、「プライベートでは付き合いたくない」と思われてしまうようです。多少は大目に見て、目に余る時だけビシっと怒るなど、メリハリをつけたほうが印象は良さそうです。

  • 【2】デスクが常にピカピカでホコリひとつない

    「ちょっと汚れるたびに拭き掃除しているから、彼女にしたらうるさそう」(20代男性)というように、綺麗好きも度を越すと、引かれる原因になるようです。わざわざ散らかす必要はありませんが職場では周りとのバランスを見た方がいいでしょう。

  • 【3】コピーのちょっとした印刷ズレに妙にうるさい

    「お客様用のものならまだわかるが、常に指摘されると面倒なだけ」(30代男性)というように、ささいな印刷ズレなどにこだわると、「口うるさい人だな」と思われるようです。「ちょっと気になるから、次から気をつけてね」とライトに指摘する程度にとどめてはいかがでしょうか。

  • 【4】敬語や言葉づかいにうるさく、なにかと注意する

    「話しているときに逐一注意されると、正直イラッとする」(30代男性)という声もあり、言葉づかいを注意しすぎると「楽しく話もできない!」と相手をイラつかせてしまうようです。「あとで恥をかいてほしくないから」と、あくまで親切心で注意していることを伝えると、印象が変わるかもしれません。

  • 【5】身の回りの物を置く位置に異様にこだわる

    「部屋のインテリアにも異常にこだわっていそう。怖いな」(30代男性)という声もあり、ペンや本の配置にこだわりすぎると、「神経質な人」と敬遠されてしまいそうです。整理整頓はいいことですが、自分のやり方を周りに押し付けるのだけは控えたほうがよさそうです。

  • 【6】ランチや飲み会での割り勘額を一円単位で計算する

    「ケチくさい。会計にいちいち時間がかかりそう」(20代男性)というように、一円単位まできっちり割り勘にしようとすると、「デートしたくない」と思われてしまうかもしれません。むしろ「端数はお願いしてもいい?」とかわいく甘えた方が、歓迎されるのではないでしょうか。

  • 【7】何かに触れるたびに手をアルコール消毒している

    「手をつなぐのを拒まれそう…」(20代男性)というように、アルコール消毒の習慣は潔癖な印象を与え、少し肌が触れ合うだけでも嫌がられるのではないかと、男性を緊張させるようです。特に、人に触れたあとに目の前で消毒すると、相手を傷つけかねないので気をつけましょう。

  • 【8】借りたものを返すと、汚れなどがないか入念にチェックする

    「目の前でCDケースをあけて、傷がないかチェックされたときはショックだった」(20代男性)というように、相手に「信用されてないんだな」と思われるような行為は、自分のイメージダウンにつながるかもしれません。多少の汚れがあっても、「これで貸しができたね」といたずらっぽく言える、心の余裕が必要ではないでしょうか。

  • 【9】備品の無駄遣いをしていないか常に目を光らせている

    「付き合ったらお金のことでうるさく言われそう」(20代男性)というように、備品の使いすぎを注意すると、「金銭面で細かい人」というレッテルを貼られてしまうかもしれません。「課長に怒られるよ」と、上司の名前を借りて注意するなど、言い方を工夫してはいかがでしょうか。

男性社員から「細かすぎる!」とドン引きされないためには、ライトに注意すること、多少ルーズな相手にも寛大に接することが大切なのかもしれません。ほかにも「『細かすぎて付き合ったら疲れそう』と思われる女性社員の行動」についてエピソードがあれば教えてください。みなさんのご意見をお待ちしています。(持丸未来)


期間:2013年4月16日(火)から4月23日(火)まで
対象:合計500名(20代、30代、40代の未婚男性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock