合コンで「好きな男性のタイプ」を聞かれたとき、男性に好印象を与える答え方9パターン


「どんなタイプの男性が好き?」という質問は、一般的ながら実に難問。どう答えるかで異性からの印象も変わってきます。そこで今回は、スゴレン男性読者へのアンケートを参考に「好印象を与える『好きな男性のタイプ』の答え方」をご紹介します。

  • 【1】「好きになった人がタイプ」とどんな男性にも期待を持たせる。

    「自分にもチャンスがあるんじゃないかと思っちゃう(笑)」(20代男性)というように、明言を避けた点でこの答え方は秀逸。どんな特徴を持つ男性にも期待を持たせることができるからです。ただし、八方美人と思われる可能性もあることを覚えておきましょう。

  • 【2】「モノを大切にする人がいいな」と自分もモノを大切にすることをアピールする。

    「モノを大切にする子じゃないと気にならないポイント。好感度アップです」(20代男性)など、好みのタイプと同時に自分の長所も伝えることができる答え方です。「私もそうだから?」などと前置きしてから答えると、より深く印象付けることができるでしょう。

  • 【3】「優しい人が一番!」と即答する。

    「当たり前のことだけど、即答だと真実味を感じます」(20代男性)など、無難な回答だけに、答えるスピードがものをいうようです。逆によく考えてからこの答え方をすると、「好感度アップを狙っている」と思われてしまうので気を付けましょう。

  • 【4】「お父さんみたいな人がいい」と恥ずかしそうに言う。

    「このセリフはある意味『男の夢』だから、かなりポイントアップ。ステキな親子関係も想像できます」(20代男性)など、将来的に父親になる男性は、父娘の関係性に多少の夢があるもの。男性の夢を壊さないという点で好感度が上がるのかもしれません。

  • 【5】「私を大事に思ってくれる人」とハードルを下げる。

    「付き合ったら大事にするのは当たり前。そんなことでいいなんて…」(10代男性)など、あまり高い条件ではないところが男性にウケるようです。逆に、アレコレ現実的な条件を出しすぎると好感度が下がる可能性があるので気を付けましょう。

  • 【6】「笑うポイントが同じ人かな」と明るい性格を印象付ける。

    「笑いの絶えない付き合いになりそう」(20代男性)など、笑いを例に出すと、理想的な「明るい男女交際の画」が浮かびやすいようです。ただし、お笑いを語りすぎると、ただの「笑いにうるさい女」になってしまうので、ほどほどにしましょう。

  • 【7】「韓流スターばりのイケメン(笑)」と冗談っぽく言う。

    「飾らない感じで好感が持てる」(20代男性)など、意外にも好評価。高すぎる条件を出して笑いに変えることで、飾らない性格をアピールできるようです。ただし、普段から冗談を言うタイプでないと本気にされてしまう可能性もあるので要注意。

  • 【8】「自分の親を大切にできる人」と真剣な交際姿勢をアピールする。

    「親を気にするってことは、その子にとっての交際=結婚。真面目な子なんだな」(20代男性)など、男性は親の話から結婚を意識するようです。ただし、「結婚願望の強い重い子かも?」と感じる男性もいるので、あまりシリアスにならないよう気を付けましょう。

  • 【9】「結局は誠実な人かも」と色々例を出した後にまとめる。

    「好きなタイプがひとつじゃないのは当たり前。でも、一番大事なのが『誠実さ』というところに感動!」(20代男性)と評価する男性多数。この手の話は盛り上がるので、調子に乗って話し過ぎてしまうことも。「色々条件を出しすぎた」と感じたら、このようにまとめてはどうでしょうか。

ほかにも「こんな答え方が好印象」というエピソードがあれば教えてください。皆さんのご意見をお待ちしています。(大高志帆)
Photo:All images by iStock