「脱ぎっぱなし」「出しっぱなし」の夫に片づけを促す魔法の言葉9パターン


広げた雑誌や脱いだ靴下をそのまま放置するだらしのない夫。ひとつひとつは些細なことでも、積もり積もれば見逃せなくなってしまいそうです。そこで今回は、20代から40代の既婚女性500名に聞いたアンケートを参考に、「『脱ぎっぱなし』『出しっぱなし』の夫に片づけを促す魔法の言葉9パターン」をご紹介します。

  • 【1】「すごーい! ホントに嬉しいわ!」と、とにかく褒めまくる

    「脱いだ服を洗濯かごに入れてくれるだけで、『めっちゃ助かるー!』と、大げさに言う」(20代女性)など、その行為へのありがたみを伝えることで、夫のテンションを上げてみましょう。多少のアラがあっても目をつぶり、笑顔でオーバーリアクションを取ると次につなげることができそうです。

  • 【2】「あなたは段取り上手だもんね」と、実態はどうあれ持ち上げる

    「絵本を棚に戻してくれたので、『わあ、種類別に揃ってる!』とおだてたら、夫みずから『図書係』に名乗りを上げました(笑)」(40代女性)というように、「あなたにしかできない」と迫り、その気にさせる手もあります。実際はたいしたレベルでなかったとしても、責任感を持たせるためにヨイショしてみましょう。

  • 【3】「今日はとても疲れちゃったの」と、弱々しい姿を見せて自発的な行動を待つ

    「魔の2歳児に振り回されて、食事の世話だけでクタクタ。ぼんやり座り込んでいたら、夫が皿洗いを引き受けてくれました」(20代女性)というように、心身の消耗ぶりを素直に表せば、夫も重い腰を上げてくれるかもしれません。とはいえ、「いつもダラダラしてるじゃないか!」と思われないよう、頻度は考えたほうがいいでしょう。

  • 【4】「片付けてね、ありがとう!」と、夫が動くより先に感謝の意を伝えてしまう

    「『アイスの棒は可燃ごみに入れてね、サンキュ!!』と、命令とお礼を同時に繰り出す」(30代女性)というように、有無を言わさずテキを動かす作戦もあります。高圧的な口調では反発を招きかねないので、穏やかに接したほうがいいでしょう。

  • 【5】「あなたのマネをしたら困るわ」と、子どもへの悪影響を懸念する

    「『靴をしまえ!』と息子を追いかける夫に『あなたもね!』と囁いたら、言葉に詰まってました(笑)」(30代女性)というように、子どもの悪い手本になっていることを意識させるのもいいでしょう。逆に、夫が何か片づけ始めたら、これ見よがしに「パパのお手伝いしようね」と子どもを巻き込むのも効果がありそうです。

  • 【6】「おねがいできる?」と、とにかく低姿勢で依頼する

    「『悪いけど、グラスが空いたら持ってきてくれる?』とか、とことん下手(したて)に出ます」(30代女性)というように、俺様タイプの夫であれば、へりくだった言い方をすると、角をたてずにすみそうです。多少、演技じみていても、申し訳なさそうな口ぶりでうまくやりましょう。

  • 【7】「靴下は洗濯かごに入れて」と、具体的に指示を出す

    「『新聞を読み終わったらラックに立ててね』と毎朝言い続けたら覚えてくれた」(20代女性)というように、曖昧に期待するのではなく、要求をはっきりさせるのも夫を変える近道でしょう。「言われなくてもわかってる!」と反撃されないよう、しつこく責めずに、用件だけ淡々と告げるのがコツかもしれません。

  • 【8】「またパパ、出しっぱなしだね」と聞こえよがしにつぶやく

    「服をたたんだ娘を『よくできたねー!』と褒めて、夫を焦らせる」(30代女性)というように、わが子との会話を聞かせることで「マズいな…」と自覚させるワザもあります。子どもがいない場合は、ペットに向ってボソッとつぶやくのも自然でしょう。

  • 【9】「ねえ、また脱ぎっぱなしになってるよ」と笑顔で迫り、自分からは手出ししない

    「『やだー、パンツが抜け殻みたい。アハハ』と笑い飛ばしたら、気まずそうに洗濯機に入れてくれた」(30代女性)というように、不満を直接ぶつけなくても、ハッとさせる方法はあるでしょう。苛立ちを表に出さず、相手をコントロールするには自制心が必要ですが、お互い嫌な思いをせずにすむ平和的な解決法かもしれません。

長い夫婦生活のなかでは、たとえ「感覚のズレ」があったとしても、妥協点を見出していくのが不可欠でしょう。つまらないことでもめるぐらいなら、賢く相手を動かしたほうが、毎日気持ちよく過ごせそうです。(大須賀いく)


【調査概要】
期間:2013年5月16日(木)から5月18日(土)まで
対象:合計500名(20代、30代、40代の既婚女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock