詮索好きなママ友の追及をかわしたいときの必殺技9パターン


無遠慮なママ友から、答えたくないことを根掘り葉掘り聞かれて困惑したことはありませんか。そこで今回は、20代から40代の既婚女性500名に聞いたアンケートを参考に、「詮索好きなママ友の追及をかわしたいときの必殺技9パターン」を紹介します。

  • 【1】「お宅はどうなの?」と同じ質問を相手に返す

    「『えー。そっちから先に教えてよー』と同じことをそのまま聞き返したら、途端にだんまり。自分が答えられないようなこと人に聞くな!」(30代女性)というように、同様の内容を尋ね返すことで、相手が自分の無神経さに気付く場合もあるでしょう。逆に質問に答えてくれたときは、「うちもそんな感じかな」ととぼけておくと良さそうです。

  • 【2】「トップシークレットだよー」と冗談めかしてごまかす

    「ニコニコしながら『財産の額は父の遺言で話せないの』と答えておいた。父はまだピンピンしてるけどねー!」(40代女性)など、ユーモアたっぷりの言い訳ではぐらかすのも一案です。「それって個人情報だよー」とふくれてみせるのも、効果があるかもしれません。

  • 【3】「確かこうだったかなー?」など、あたりさわりのない範囲で適当に答えておく

    「『家賃いくら払ってる?』という質問には、『いくらだったっけ? 7万? 15万? …ま、だいたいそんなとこ』と、思いっきり幅を持たせてる」(30代女性)というように、核心に触れずにのらりくらりとかわす答え方もあるでしょう。「できれば教えたくない」という気持ちも伝わるかもしれません。

  • 【4】「今日、お肌の調子すごくいいね」など、話をすり替える

    「『あれ? 髪型変えた? すっごく似合ってる』などと、さも今気づいたみたいに褒めちぎると、その後は美容室トークに」(40代女性)など、うまくきっかけをつくって別の話題に移るやり方も効果がありそうです。相手やその子どもの長所を取り上げることで、よりスムーズに方向を切り替えられるでしょう。

  • 【5】「夫に任せきりだからわからないの」など、知らないふりをする

    「夫の年収を尋ねられたときは、『私はノータッチ』とすっとぼけた」(20代女性)など、わからないフリをするのも良いでしょう。さらに突っ込まれそうになったら、「主人に信用されてないのかも」と深刻な表情を見せれば、さすがにそれ以上の追及は遠慮してくれそうです。

  • 【6】「どうしてそんなこと知りたいの?」と無礼な質問であることをほのめかす

    「なんだか言いふらされそうな気がしたので、『そんなプライベートなことを知ってどうするの?』と聞き返した」(20代女性)というように、質問の意図を確認するのも効果的でしょう。ついでに、好奇心丸出しでなんでも聞いてくる態度もあらためてくれるようになるかもしれません。

  • 【7】「そういうことは聞かないものだよ」と相手の非常識ぶりをやんわりとたしなめる

    「年下のかわいいママ友だったので、『そういう質問、あまり感心しないなー。みんなにそんなふうに聞いてるの?』と小言モードになっちゃいました」(40代女性)など、気の置けない間柄なら、それとなく注意してあげても良いでしょう。「これからも仲良くしたいから言うんだよ」と、忘れずにフォローしたほうが良さそうです。

  • 【8】「うーん…」と絶句して無言になることで、答えたくないという意思表示をする

    「あまりにずけずけと聞かれたので、とりあえずいったん黙って空気を読んでもらった」(30代女性)というように、答える代わりに沈黙で対処する手もありそうです。それでも聞いてくるようなら、「ま、いいじゃん」「察してね」などの言葉で真意を伝えましょう。

  • 【9】「とても立ち入った質問だから、答えたくないの」ときっぱり断る

    「とてもしつこかったので、『申し訳ないけど、答えたくないんだ。ごめんね』と断った」(20代女性)など、執拗に尋ねてくる相手には、この際、毅然と拒む姿勢を見せても良いかもしれません。あまり角を立てたくなければ、「そこまで言いたくなーい」と茶目っ気まじりに振り切りましょう。

なんとなくその場をやり過ごすあいまいな態度から、正面きって質問をはねつける強硬な態度まで、詮索にはいろいろな対策を講じられそうです。相手のママ友との関係や詮索の度合いに応じて、その場にふさわしいリアクションを試してみましょう。(倉田さとみ)


【調査概要】
期間:2013年6月8日(土)から12日(水)まで
対象:合計500名(20代、30代、40代の既婚女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock