夕食の献立に迷ったときのマイルール9パターン


毎日苦もなくバラエティに富んだ晩ごはんを思いつくことができればいいですが、何一つアイディアが浮かばない日もときにはあるでしょう。そこで今回は、20代から40代の既婚女性500名に聞いたアンケートを参考に「夕食の献立に迷ったときのマイルール」をご紹介します。

  • 【1】「主菜も副菜もこれだ!」と、料理番組の献立をそっくり拝借する

    「プロのレシピを完コピすれば、味もバランスも申し分なし!」(20代女性)というように、誰かの案を丸ごと参考にすれば、自分で考えなくて済むばかりか、レパートリーを増やすことにもつながるでしょう。「迷ったら即レシピサイトを検索!」(30代女性)など、悶々と悩まず外に目を向けることで、新しい発見があるかもしれません。

  • 【2】「豚肉の賞味期限が今日だわ」と、古い食材を総動員して創作料理を作る

    「冷蔵庫の片付けを兼ねて、半端な野菜と肉は全部卵とじにします」(40代女性)というように、傷みそうな食材を有効活用する前提で献立を決める手もあります。「肉の代わりに厚揚げでカレー」など、代替品で料理を仕上げる場合には、おかしな味にならないよう、突飛すぎる組み合わせは避けたほうがよさそうです。

  • 【3】「こんなこともあろうかと…」と、冷凍しておいた作り置きを解凍する

    「週の後半ほど行き詰まるので、日頃からおかずを多めに作って保存している」(30代女性)というように、いざというときのために「保険」を用意するのもいいでしょう。計画的にストックするのが面倒なら、切った野菜や下味を付けた肉をスタンバイさせておくだけでも、献立のヒントになるかもしれません。

  • 【4】「今晩はハンバーグよ」と、家族の好物に逃げて「苦肉の策」と気づかせない

    「困ったら、夫が好きな生姜焼き。特売の豚バラスライスはつねに出動態勢です」(20代女性)というように、食べる人の好みを優先するのも、シンプルな決め方でしょう。とはいえ「迷ったらこれ!」がマンネリ化すると、飽きられる可能性もあります。副菜を変えたり味に変化を付けたりして、小ワザを効かせるとよさそうです。

  • 【5】「丼物と味噌汁ならよさそう」と、品数が少なくても様になる食卓にする

    「濃い味のおかずを大皿に盛って、あとはごはんと具だくさん汁物で完成!」(30代女性)など、主菜一品でも形になるように、見せ方を工夫するのも手です。普段は和食が多いなら洋食の一皿にするなど、珍しさを演出すれば、「献立が思い浮かばなかった結果」だとは気づかれないかもしれません。

  • 【6】「みんなで餃子を作ろう!」と、家族に調理を「外注」して乗り切る

    「私は野菜と肉とホットプレートを出すだけ。あとはセルフサービスです」(20代女性)というように、作る工程をイベント化すれば、メニューがなんであれ、楽しい食卓になりそうです。とはいえ盛り上がる分、夕食の時間が長引きかねないので、余裕のある日に実施したほうがいいでしょう。

  • 【7】「冬なら鍋、夏ならカレー」と、困ったときの鉄板メニューを決めておく

    「悩んだら、チャーハン。家族には『ネタ切れ料理』とバレている(笑)」(40代女性)というように、「いい案が浮かばないときの案」があると、心強いかもしれません。特定のおかずでなくても、自分が食べたいものや、再挑戦したい料理を作ることにしておけば、困った状況が「いい機会」に変わるでしょう。

  • 【8】「パパの即席ラーメン、おいしいよね!」と、夫をおだてて任せる

    「夫に食べたいものを尋ねても『なんでもいい』と役立たず。『私もあなたの手料理ならなんでもいいな』と甘えて、作らせます」(20代女性)というように、いっそ人任せにしてしまう、やり手の妻もいます。どんな出来でもきちんとお礼を伝え、次も頼めるようにしておきましょう。

  • 【9】「今日は体調が悪いことにしよう」と、お惣菜を買って済ませる

    「どうしても無理なら、スーパーでおかずを調達。たまにはいいでしょう!」(30代女性)というように、できあいのものを購入するのは、一番手軽な解決法かもしれません。なんとなく気が引けても、日々頭を悩ませている自分へのご褒美だと思って、「よその味」をおいしくいただきましょう。

「今日はダメだー」と思ったら、上手に手抜きをして、軽やかに乗り切るのがよさそうです。「こんな日もあるさ」と自分を励まして、翌日からまたがんばりましょう。(安藤美穂)


【調査概要】
期間:2013年6月8日(土)から12日(水)まで
対象:合計500名(20代、30代、40代の既婚女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo: All images by iStock