「家事に協力しない夫」にイラッとしないための思考法9パターン


最近、家事に協力的な男性が増えているといわれているのに、自分の夫は一向に協力してくれない…。心の中が小さな不満でいっぱいになってしまったとき、どんなふうに考えれば諦めがつくでしょうか。そこで今回は、20代から40代の既婚女性500名に聞いたアンケートを参考に「『家事に協力しない夫』にイラッとしないための思考法」をご紹介します。

  • 【1】「夫はお金を持ってくる係」と役割分担を意識する

    「『うちでは働かないけど、外で稼いでくれる』と心の中で繰り返し唱える!」(30代女性)というように、自分が専業主婦の立場なら、「夫は会社に通う人で私は家事をする人」と、それぞれの担当を明確にしてみると、少しはスッキリしそうです。共稼ぎであれば、「世の中、働かない夫もいるし…」と下を見ることで、気分を切り替えましょう。

  • 【2】「好きで結婚したからなあ」と新婚当初の気持ちを思い出す

    「『この人と一緒に暮らせるだけで幸せだったなあ』と初心に帰る」(30代女性)というように、恋愛に一生懸命で、夫に多くを望まなかった時代を振り返るのもいいでしょう。当時の思い出にどっぷりひたってみると、「料理や掃除くらい私が頑張ろう」という気になれるかもしれません。

  • 【3】「夫は残業で疲れ果てているから」と気遣う

    「満員電車で通勤するしんどさを思えば許す気にもなれる」(40代女性)というように、仕事で心身を消耗している夫の疲労を、具体的に想像してみるのもひとつの手です。その上で、「あなたの料理を食べてみたいけど、疲れてるよね?」と遠慮がちに切り出してみると、案外やってくれるかもしれません。

  • 【4】「イケメンで見た目はパーフェクトだし…」とほかのいいところに目を向ける

    「『子煩悩で、育児スキルはバッチリだもんね』とパパとして認める」(30代女性)というように、別の面を評価できれば、家事への消極的な姿勢には目をつぶれるかもしれません。「絶対に家のことをしてもらう!」と躍起にならず、「人それぞれの持ち味がある」と大らかに構えてみるといいでしょう。

  • 【5】「私の見る目がなかった」と反省して諦める

    「うちの夫はそういう人だと受け入れるしかない…」(30代女性)というように、どうあがいても協力してくれそうになければ、いっそ観念してしまうことで、心が晴れるかもしれません。いわゆる「カジメン」と比べることなく、うちはうちと割り切って考えましょう。

  • 【6】「ゴミ捨てだけはするし」とハードルを下げる

    「週末の風呂掃除は嫌がらずにやってくれるから、『まあいっか』と思ってます」(20代女性)というように、大きな期待をかけず、ごく簡単な家事でもできればヨシと考える方法もあります。さらに次は「洗濯物たたみ」「皿洗い」など、タイミングを見計らって具体的な家事を頼んでみるといいかもしれません。

  • 【7】「能力がないから仕方ない」と見切る

    「一度作ってもらった料理があまりにマズくて、無理なものは無理と悟った」(30代女性)というように、夫には「そもそも資質がない」と思えば、すんなり諦めもつきそうです。効率を優先したいタイプなら、「中途半端にされるより、自分でしたほうが早い」と踏ん切りをつけるのもいいでしょう。

  • 【8】「私がいないと、何もできないんだから」と優越感にひたる

    「『わが家の長男だと思うしかないよ』とママ友にアドバイスされて納得!」(30代女性)というように、家事に関しては対等なパートナーであることを求めず、「子どもが一人増えた」程度に思っておくのもよさそうです。過度な期待は捨て去り、「カジメンに育つといいな」などとゆるく考えましょう。

  • 【9】「文句を言わないだけいいか」とさらに悪い状況と比較する

    「台所に立たないくせに、文句だけは一流だった父に比べれば、ご飯を炊ける夫はまだマシ」(30代女性)というように、より耐え難い状況を思い浮かべることで、救われる人もいるでしょう。心を許せるママ友に愚痴をこぼしてみると、いろんな話が聞けるかもしれません。

「家事をしてほしいのに…」と一人で悶々と抱え込まず、自分で気持ちを切り替えたほうが得策でしょう。ただ、その前に一度は家事分担について夫にしっかり話してみるのもいいですね。(佐々木恵美)


【調査概要】
期間:2013年6月8日(土)から12日(水)まで
対象:合計500名(20代、30代、40代の既婚女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo: All images by iStock