男性に残念がられる「がんばりすぎ女子」の言動9パターン


「男に負けたくない!」が信条だったり、「他人に迷惑をかけないこと」を美徳とするような、プライドが高く責任感が強い女性は要注意。人としてはあっぱれな生き様ですが、恋愛においては意図せぬうちに男性を遠ざけてしまうこともあるようです。そこで今回は、10代から30代の独身男性188名に聞いたアンケートを参考に「『弱みを見せたらかわいいのに』と、男性が残念がる『がんばりすぎ女子』の言動9パターン」をご紹介します。

  • 【1】飲み会で1ミリも酔った素振りを見せない

    「少しは空気を読め!」(20代男性)と、冷静な態度を崩さない姿は男性陣からブーイングを浴びかねません。たとえ1滴もお酒を飲めなくても、普段より緩んだ笑顔を見せて楽しんでいることをアピールしましょう。

  • 【2】38度オーバーの高熱を出して、大丈夫と言い張る

    「逆に気を使うんですけど!」(20代男性)など、女性のやせ我慢は男性を余計に心配させる可能性があります。体調不良の時は素直に助けを求めるようにすれば、お互いにストレスのないコミュニケーションを交わすことができるでしょう。

  • 【3】過去の失恋を一切語らない

    「信用されていない気分になる」(30代男性)というように、弱みを見せないがために恋愛トークで口を閉ざす女性は、近寄りがたい印象を与えかねません。少なくとも恋愛対象の男性に対しては、簡単な質問には答えるようにすと印象が良くなるでしょう。

  • 【4】上司の理不尽な要求に、唇を噛み締めて耐える

    「無理しているのがバレバレ」(30代男性)と、いくらがんばっても女性の強がりは周囲に見抜かれてしまうようです。「可愛げがない」と思われないためにも、先輩や同僚に仕事を手伝ってもらうなど、ときには甘えてしまうのもひとつの手段です。

  • 【5】いつも女友達の重い相談を受けている

    「エライと思うけど、ストレスが溜まってそう」(20代男性)など、常に他人の心配をしている女性には、哀れみの視線が注がれることも。男性の前では愚痴をこぼすなど、弱みを見せることが情を刺激するためのポイントです。

  • 【6】365日、メイクとファッションが完璧

    「隙がないというか、つき合うと疲れそう」(30代男性)など、完璧主義に見えるルックスは男性からしてみれば「バリア」に感じられることもあります。まずは週末だけナチュラルメイクを取り入れるなど、親しみやすさを演出してはいかがでしょうか。

  • 【7】何かを教えようとすると、「知ってます」と言って遮る

    「とにかくリアクションがかわいくない」(20代男性)と、負けず嫌いが見え隠れする女性の言動は、相手の反発心をあおる可能性があります。親切な行為に対しては、まず先にお礼を言うのが「恋愛のルール」以前の「人としての礼儀」でしょう。

  • 【8】食事を奢ろうとすると、かたくなに拒む

    「素直じゃなくて、逆に面倒くさい」(30代男性)など、ささいな申し出を拒む姿勢に扱いにくさを感じる男性がいるようです。自己満足のために女性に食事を奢る男性も多いので、笑顔で「ごちそうさまです」を言いましょう。

  • 【9】フェイスブックやツイッターで毎日リア充をアピールする

    「ちょっと痛々しい」(20代男性)というように、女性が見栄えを意識して私生活を投稿する様子を、他人は引き気味で観察しているようです。「がんばりすぎ」だと思われないように、ランダムに庶民派の一面も披露すると良いでしょう。

総合的に、男性は女性が素の表情や本音をさらけ出す瞬間にグッとくる傾向があるようです。普段は身構えている女性こそ、あえて「弱みを見せる」ことがギャップとして男性から好意的に受け取ってもらえるでしょう。(浅原 聡)


【調査概要】
期間:2013年6月20日(木)から6月27日(木)まで
対象:合計188名(10代、20代、30代の男性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock