O型の新人に「大雑把すぎるんだよ!」と心の中でつっこんだ瞬間9パターン


よく言えばおおらか、悪く言えば大雑把なO型の新人には、思わずイライラすることも。「何でそうなるの!?」とつっこまずにいられない人もいるでしょう。そんな彼らの言動には、どんな共通点があるのでしょうか。今回は、20代から40代の未婚女性500名に聞いたアンケートをもとに、「O型の新人に『大雑把すぎるんだよ!』と心の中でつっこんだ瞬間」をお送りします。

  • 【1】期限を「だいたいこの日」くらいにしか思わず、守らないとき

    「『今週いっぱい』を金曜日ではなく、月曜日の朝一だと思われていた」(20代女性)というように、O型の新人のどんぶり勘定はスケジュール面にも及ぶようです。納期を守らないとどのような損失が出るかなど、具体的なマイナス面をきっちり伝えると、再発防止につながるかもしれません。

  • 【2】一切確認をせず、自分流で仕事を進めてしまったとき

    「取引先からクレームがきて初めて、新人の暴走に気づきました…」(30代女性)など、社内ルールを無視するO型の新人の豪快さをあげる人もいました。「なんとなくわかっている」程度の理解で作業を進めてしまうこともあるようなので、「わからないことはすぐに聞いてね」と言っておくといいでしょう。

  • 【3】メモをまったく取らないので、同じ説明を何度もするハメになったとき

    「何度『メモをとって』と指導しても全然ダメ。面倒くさがりなんだから!」(20代女性)と、メモをとる手間を惜しむO型の新人もいるようです。新人のテイストに合ったメモ帳をプレゼントし、「これを使って」と提案してみてはいかがでしょうか。

  • 【4】宅配便の宛名部分の枠をまったく気にせず記入していたとき

    「あまりにも字が汚い! 伝言メモも、読めないことがあります」(20代女性)など、O型の新人の大雑把さが文字の乱れとして表れるケースもあるでしょう。あまりにも目に余るようなら、「美文字本」をプレゼントしてみるのもいいかもしれません。

  • 【5】どんぶり勘定で「3円台帳があわないけど、大丈夫ですよねー」と言い切ったとき

    「部費の管理すら、不安で任せられません」(30代女性)というように、お金に対する繊細さに欠けるO型の新人は多いようです。飲み会の幹事を任せる際には、数字に強く几帳面な別の後輩と組ませたほうがいいでしょう。

  • 【6】チェックが大変なほど誤字脱字が多かったとき

    「『ホテル手配』が『火照る手配』になっていて、つい笑っちゃいました」(20代女性)など、O型の新人には誤変換や誤字脱字をチェックしない傾向があるのかもしれません。余裕があるときに添削をして、「ほら、こんなに誤字脱字があるんだよ」と誤りの多さを指摘してはいかがでしょうか。

  • 【7】ミスを指摘しても「あははー」とまったく気にする様子がないとき

    「『言い過ぎたかな』と悩んでいた自分がバカバカしく思えました」(20代女性)のように、叱られたことを引きずらないのもO型の新人の特徴のようです。それ自体は悪いことではありませんが、同じミスが続くようなら「これは、前も注意したよね」とクギをさしたほうがいいかもしれません。

  • 【8】デスク上に重要書類を置きっぱなしにして帰ってしまったとき

    「誰が見るかわからないのに…。取引先の名刺は慎重に扱ってほしい」(30代女性)というように、「守秘義務」の概念のないO型の新人もいるようです。重要書類を託すときには、面倒でも「マル秘」スタンプを押して渡すなどすると、緊張感を持たせられるのではないでしょうか。

  • 【9】伝言をメモで残さず口頭で伝え、しかも間違えていたとき

    「伝言さえきちんとできないと『じゃあ何ができるんだ!』とムカついてしまいます」(20代女性)など、O型の新人に対し「仕事への基本的な姿勢が甘い」と感じる人もいました。伝言が間違っていることによってどんな迷惑を受けたかを説明すれば、考えを改めてくれるかもしれません。

大雑把なO型の新人は注意されたことを根に持たないことが多いので、一度注意してみれば、思いのほかスムーズに改善に向かうかもしれません。ほかにも、「大雑把すぎるO型の新人の言動」に関するエピソードがあれば、ぜひ聞かせてください。(萩原はるな)


【調査概要】
期間:2013年6月13日(木)から6月20日(木)まで
対象:合計500名(20代、30代、40代の未婚女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock