A型の新人の几帳面さに「勘弁してよー!」と思った瞬間9パターン


几帳面すぎるA型の新人に、戸惑いを覚えている人もいるでしょう。彼女たちの言動には、一体どんな共通点があるのでしょうか。今回は、20代から40代の未婚女性500名に聞いたアンケートをもとに、「A型の新人の几帳面さに『勘弁してよー!』と思った瞬間」をお送りします。

  • 【1】「自由にやって」と言ったら「指示がないとできません」と言われたとき

    「マニュアルがないと仕事が進められないという新人は、大抵A型」(20代女性)という声もあり、A型の新人には融通のきかないところがあるようです。まずはマニュアルどおりにやらせて、「次は自分なりの方法でやってみて」と、段階を踏んで誘導するといいかもしれません。

  • 【2】真面目すぎて冗談がまったく通じないとき

    「冗談でちょっとからかったら、マジ切れされてドン引き」(30代女性)など、ジョークを理解しない堅物なA型の新人もいるようです。こんなときは「ゴメンゴメン、冗談だよ」とすぐさま謝り、次からは冗談を言わないようにしたほうがよさそうです。

  • 【3】ミスを指摘したら落ち込みすぎて数日間休まれてしまったとき

    「神経が細すぎるのか、すぐに泣くんです。O型の私にはちょっと理解不能」(30代女性)のように、ガラスのハートを持つA型の新人もいました。失敗を注意するときには、「私もそうだったし、誰でも最初はミスをするのよ」など、慰めの一言を添えたほうがよさそうです。

  • 【4】デスク上の備品の置き場所ばかりか、置く順番まで決めていたとき

    「机がキレイなのはいいんですが、『ファイルの次はペンで、次は…』というつぶやきを聞いたときはゾッとしました」(20代女性)など、整理整頓に命をかけるA型の新人も存在するようです。「付き合いきれない」と避けるのではなく、「ランチおごるから、一度私のデスクも片付けてもらえない?」などとお願いして、距離を縮めるきっかけにするといいかもしれません。

  • 【5】結論から聞きたいのに、それまでの道筋を長々と話されたとき

    「真面目すぎて、すべての経緯を説明しようとするんです…」(30代女性)というように、「A型の新人は報告が細かすぎる」という指摘もありました。目に余るようなら、きっぱりと「今忙しいから、結論だけ教えてくれる?」と宣言してしまってもいいのではないでしょうか。

  • 【6】確認が多すぎて、仕事がなかなか進まなかったとき

    「石橋を叩きすぎて渡れない人って本当にいるんだなあ、と逆に感心してしまった」(30代女性)と、慎重なあまりに仕事がはかどらないA型の新人もいました。「多少雑でもいいから、4時までに終わらせて」など、常に期限を切って仕事をふるとよさそうです。

  • 【7】毎朝、パソコンのキーボードや電話の受話器を拭いているのに気づいたとき

    「自分の電話を、通話が終わるたびに拭いててびっくり」(20代女性)というように、A型の新人のキレイ好きすぎる特徴も報告されました。あまりにもデスクが汚れていると「○○先輩って汚い…」と避けられかねないので、これを機にこまめに掃除をする習慣をつけてはいかがでしょうか。

  • 【8】指示してから行動に移すまでの時間が異様に長かったとき

    「考え込んでしまうのか、とにかく腰が重いんです」(20代女性)のように、A型の新人のフットワークに問題を感じる人もいました。「フリーズしているな」と気づいたら、面倒でも「どうしたの?」と聞いて疑問を解消してあげるといいでしょう。

  • 【9】潔癖すぎて、共有の電話をかたくなに使わなかったとき

    「『私たちはばい菌か!』と突っ込みたくなりました」(20代女性)というように、共有の電話だけでなく、デスクやパソコンも使いたがらないA型の新人もいました。「みんなと同じものを使うのが苦手なんだ」とあきらめ、見て見ぬふりをするのが平和な対策かもしれません。

A型の融通のきかない短所は、「真面目」という長所の裏返し。慎重で几帳面な性格を活かし、上手に誘導すれば、やがて優秀な部下になってくれるのではないでしょうか。ほかにも、「A型の新人の几帳面さに『勘弁してよー!』と思った瞬間」に関するエピソードがあれば、ぜひ聞かせてください。(萩原はるな)


【調査概要】
期間:2013年6月13日(木)から6月20日(木)まで
対象:合計500名(20代、30代、40代の未婚女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock