好きだった同僚男性を嫌いになった瞬間8パターン


せっかく気になる男子がいても、職場では相手の嫌な姿を見てしまうこともあります。「一瞬で百年の恋も冷めた」という経験をした人もいるでしょう。そこで今回は、20代から40代の未婚女性500名に聞いたアンケートを参考に、「好きだった同僚男性を嫌いになった瞬間」をご紹介します。

  • 【1】後輩のことを名前で呼ばず、「おまえ」呼ばわりする

    「えらそうな男は本当に嫌い。お気に入りから即排除しました」(20代女性)など、後輩や部下に高圧的な態度をとるのを見て嫌いになったという意見もあります。ただ、このような態度をとる男性には、「名前で呼ぶのが恥ずかしい」という照れ屋さんもいるようです。すぐに「ナシ」と決めつけるのではなく、どちらのタイプか見極めてもいいでしょう。

  • 【2】ポイ捨てしたり、唾をはいたり、通勤中のマナーがなっていない

    「恋愛感情がなくなる以前に、人間として嫌いになる」(30代女性)というように、当たり前のマナーが守れない男性に幻滅したという人もいます。会社のイメージを悪くすることにもなりかねないので、相手が同期や後輩なら、いっそ注意したほうがいいかもしれません。

  • 【3】明らかに、可愛い子とそうでない子の対応が違う

    「可愛い後輩はすぐ助けて、おばさん社員が困っていても見て見ぬふりをする態度の違いには、心底呆れた…」(20代女性)というように、相手によって態度を変える男性にガッカリした女性は多いようです。とはいえ、ポジティブに考えれば、可愛くなれば優しくしてくれるということです。恋心が消えない場合は、キレイになる努力をしてみるのもアリかもしれません。

  • 【4】どんなミスをしても、他人に押し付けて自分は謝らない

    「なんでも人のせいにして逃げるのは卑怯でしょ!」(30代女性)というように、自分の失敗を受け入れられない男性も、恋愛対象外になってしまうようです。こんな男性は、自分可愛さに他人を傷つけることを平気でしそうなので、友人としても避けたほうが良いのではないでしょうか。

  • 【5】派遣やアルバイトの社員に対して偉そうな態度を取る

    「『派遣のくせに』と言っているのを聞いて唖然とした」(20代女性)など、周りの人を大切にできない男性にも「NG」が出てしまうようです。このように、人の気持ちがわからない男性は、結婚してから「誰の金で飯を食ってるんだ!」などと言う「亭主関白」になる可能性も。「苦労する前に本性がわかってよかった」と考えてはいかがでしょうか。

  • 【6】会社で見るスーツ姿はおしゃれなのに、私服がダサい

    「社員旅行で初めて私服を見たとき、自分の中の熱が冷めるのを感じた」(20代女性)など、見た目に気を使わない男性も、女性にとって魅力的とは言えないようです。ただし、服装以外に問題がなければ、付き合ってから自分好みの服装に変えていく楽しみもあるのではないでしょうか。

  • 【7】裏で同僚の悪口を言いふらす

    「人を蹴落としてでも自分がのし上がっていこうとする人だと知って、ガッカリしました」(30代女性)というように、正々堂々と仕事で勝負できない男性も、女性に幻滅されてしまうようです。そういう人は別れるときに面倒なことになりそうなので、付き合わないほうが正解かもしれません。

  • 【8】会社の飲み会で、酔うと下ネタばかりを言う

    「女子がいるのもお構いなしに、下品な話をし続けるのにはドン引き」(20代女性)など、女性が嫌な思いをするような話を平気で続ける男性も、恋愛対象から除外されるようです。この手のタイプは、仕事中も空気の読めない発言をしがちなので、やんわりと注意してあげてもいいのではないでしょうか。

どの項目も、よく注意して見ていればすぐに発見できそうです。今、職場に気になっている男性がいる人は、当てはまることがないかチェックして、相手を見極めてはいかがでしょうか。ほかにも「好きだった同僚男性を嫌いになった瞬間」に関するエピソードがあれば教えてください。みなさんのご意見をお待ちしています。(小中カナ)


【調査概要】
期間:2013年6月13日(木)から6月20日(木)まで
対象:合計500名(20代、30代、40代の未婚女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock