沖縄県の20代独身女性に聞いた!「いま付き合っている彼氏とのデート代の支払いはどうしていますか?」


男性のおごりか、全額ワリカンか。都道府県により、デート代の支払い男女比に違いはあるのでしょうか? 男女ともに優しい県民性の一方で、時間やお金などにルーズとも言われる沖縄県の女性の場合は? 20代の独身女性に行ったアンケートから「いま付き合っている彼氏とのデート代の支払い」その理想と現実をご紹介します。

  • 【1】タイトル

    理想
    【1位】男性が多めに負担(37.1%)
    【2位】男性が全額負担(34.3%)
    【3位】きっちりワリカン(28.6%)
    【4位】自分が多めに負担(0.0%)
    【4位】自分が全額負担する(0.0%)

    現実
    【1位】男性が多めに負担(40.0%)
    【2位】きっちりワリカン(34.3%)
    【3位】男性が全額負担(17.1%)
    【4位】自分が多めに負担(5.7%)
    【5位】自分が全額負担する(2.9%)


    【考察】
    デート代は「男性が全額負担」「きっちりワリカン」が望ましいと考える人が多かった沖縄県女性の金銭感覚。実際は「きっちりワリカン」が多く、全国的に多い「男性が多めに負担」はかなり少なめでした。女性におごってもらうケースも多く、女性の寛容さが垣間見れる沖縄県らしい結果といえましょう。

    【調査概要】
    期間:2013年6月6日(木)から6月13日(木)まで
    対象:合計56名(20代の独身女性)
    地域:沖縄県
    方法:インターネット調査