山口県の20代独身女性に聞いた!「いま付き合っている彼氏とのデート代の支払いはどうしていますか?」


男性の奢りか、全額ワリカンか。都道府県により、デート代の支払い男女比に違いはあるのでしょうか? 組織の結束力が高く、個人プレーよりも集団プレーで力を発揮する言われる山口県の女性の場合は? 20代の独身女性に行ったアンケートから「いま付き合っている彼氏とのデート代の支払い」その理想と現実をご紹介します。

  • 【1】タイトル

    理想
    【1位】男性が多めに負担(51.5%)
    【2位】きっちりワリカン(24.2%)
    【3位】男性が全額負担(21.2%)
    【4位】自分が多めに負担(3.0%)
    【5位】自分が全額負担する(0.0%)

    現実
    【1位】男性が多めに負担(30.3%)
    【1位】きっちりワリカン(30.3%)
    【3位】男性が全額負担(24.2%)
    【4位】自分が多めに負担(15.2%)
    【5位】自分が全額負担する(0.0%)


    【考察】
    全国では珍しく「おごってほしい」と考えている女性以上に、男性がおごる割合が高いという結果がでた山口県カップルのお財布事情。しかし「男性が多めに負担」の実際は全国でも相当低め。つまり、山口県男性は太っ腹な人か、きっちりワリカンの堅実な人かどちらかといえそうです。

    【調査概要】
    期間:2013年6月6日(木)から6月13日(木)まで
    対象:合計55名(20代の独身女性)
    地域:山口県
    方法:インターネット調査