埼玉県の20代独身女性に聞いた!「いま付き合っている彼氏とのデート代の支払いはどうしていますか?」


男性のおごりか、全額ワリカンか。都道府県により、デート代の支払い男女比に違いはあるのでしょうか? 大きな特徴はなく平凡であっさりとして誰からも嫌われないと言われる埼玉県の女性の場合は? 20代の独身女性に行ったアンケートから「いま付き合っている彼氏とのデート代の支払い」その理想と現実をご紹介します。

  • 【1】タイトル

    理想
    【1位】男性が多めに負担(52.0%)
    【2位】きっちりワリカン(26.7%)
    【3位】男性が全額負担(21.3%)
    【4位】自分が多めに負担(0.0%)
    【4位】自分が全額負担する(0.0%)

    現実
    【1位】男性が多めに負担(50.7%)
    【2位】きっちりワリカン(40.0%)
    【3位】男性が全額負担(6.7%)
    【4位】自分が多めに負担(2.7%)
    【5位】自分が全額負担する(0.0%)


    【考察】
    首都圏の中ではもっとも「きっちりワリカン」にしたい、そして実際にしている人が多かった埼玉県女性。これは埼玉県男性の甲斐性のなさのあらわれか、埼玉県女性の自立心の高さか、どちらなのでしょうか。「男性が全額負担」が全国最低レベルなところをみると、もしかしたら前者かもしれません…。

    【調査概要】
    期間:2013年6月6日(木)から6月13日(木)まで
    対象:合計111名(20代の独身女性)
    地域:埼玉県
    方法:インターネット調査