いい子過ぎるー!男性を感激させた「奢るタイミング」9パターン


女性が男性に奢るのは、特別な機会なのが一般的。では、どんなときにご馳走すれば男性に喜ばれるのでしょう。10代から30代までの独身女性335名の声をもとに、「『今日くらい私が払うよ』と言ったら、『いい子過ぎるー』と男性に感激された奢りどき9パターン」をご紹介します。

  • 【1】出会って間もない男性とのデート中、相手がもうすぐ誕生日だと知ったとき

    「うれしかったみたいで、それ以来二人の仲が急接近!」(20代女性)と、前もってプレゼントを準備できなかったかわりとして奢ると、その心遣いに感激されるようです。ただし、デート中に「この人は違う」と思った相手には、変に気を持たせないためにも奢らないほうがいいでしょう。

  • 【2】前回のデートで男性がものすごく奮発してくれたとき

    「何かお返しをしなきゃと思って言ったら、喜ばれちゃいました」(30代女性)のように、高級ディナーを奢ってもらったときなどにお返しをすると「いい子だな」と男性が感動するようです。たとえ高額な食事でなくても、いつも男性に奢ってもらってばかりの人は、ときどき自分が支払ってはいかがでしょうか。

  • 【3】財布を落とすなど、男性がお金に関するトラブルに遭っていたとき

    「ファミレス代を払ってあげただけなのに、後日高級レストランでご馳走してくれました」(20代女性)など、ピンチを救ってあげて感激されたパターンです。お金の問題に限らず、気になる男性が困っていたら迷わず手を差し伸べてあげましょう。

  • 【4】引っ越しや新車購入など、男性が大きな出費をしたばかりのとき

    「気の利く女と思ってもらえたみたい」(20代女性)と、男性の大きな出費時に奢ってあげると相手に好印象を与えるようです。高級店だと逆に気を使う男性もいるので、そんなときはカジュアル系のお店をセレクトしたほうがいいでしょう。

  • 【5】長い時間、こちらの愚痴に付き合ってくれたとき

    「興味がない話ばかり聞かせて悪いと思っただけなのに、褒められた」(30代女性)のように、お世話になったお礼に奢ると、男性を喜ばすことができるようです。PC購入など自分のための買い物に付き合ってもらったときも、「ありがとう」の言葉を添えてご馳走するといいかもしれません。

  • 【6】男性が仕事などで失敗して落ち込んでいるとき

    「少しでも元気になってもらいたいと思って奢ったら、感謝された」(20代女性)など、元気づけたくて奢ったときも、その優しさにホロッとくるようです。気になる男性がヘコんでいたら、「おいしいものでも食べて、嫌なことを忘れましょ」と誘ってみるといいでしょう。

  • 【7】力仕事など、自分にできないことを代わりにやってくれたとき

    「助けてもらったんだから当然のことなのに、えらく感動された」(10代女性)と、男性への感謝の気持ちが伝わり、グッとくる男性もいるようです。「恋愛はギブ&テイク」と心得ていれば、彼氏といつまでもいい関係でいられるかもしれません。

  • 【8】試験や仕事など、彼氏が努力してきたことが報われたことを知ったとき

    「ねぎらって褒めてあげたいと思ってフレンチを奢ったら、泣かれた」(10代女性)のように、彼の頑張りを讃えてご馳走してあげると、「応援してくれていたんだ」と感激もひとしおのようです。たとえ高いものを奢れなくても、「頑張ってたね」と認めてあげれば、好感度がアップしそうです。

  • 【9】自分に会うためだけに、遠くから何時間もかけて来てくれたとき

    「だって会いにくるのに交通費かかってるし…」(20代女性)など、遠距離恋愛中の女性に多い意見でした。遠距離恋愛でなくとも、自分に尽くしてくれる彼氏には、「いつもありがとう」とたまにはプチギフトを渡してみてはいかがでしょう。

気になる男性や彼氏の心をつかむためには、「ここぞ」というときに奢ることも大事なのかもしれません。今回の結果をヒントに、「奢り上手」な女を目指してみてはいかがでしょうか。(佐野勝大)


期間:2013年5月23日(木)から5月29日(水)まで
対象:合計335名(10代、20代、30代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock