嫁と娘じゃこんなに違う! 「お義母さん、それって…」とツッコミたくなる姑の矛盾行動9パターン


嫁には「こうあるべき!」と持論を振りかざしながら、嫁いだ娘に対しては大甘な姑の態度に、呆気にとられた経験のある人は多いのではないでしょうか。そこで今回は、独自アンケートの結果を参考に、嫁と娘ではまるで違う尺度で測る「姑の矛盾行動」を紹介します。

  • 【1】娘が実家に入り浸るのは大歓迎、嫁が実家に行くと不機嫌になる

    「『嫁いだからにはウチの人間!』と私の里帰りを阻止する姑。いつも子連れでグータラしていくあなたの娘は透明人間なの?」(30代女性)というように、妙なリクツを押し通す姑は多いようです。正論をぶつけて玉砕するより、黙って実家に帰省するくらいの要領の良さを身につけるのが得策かもしれません。

  • 【2】娘が産んだ子は、同じ孫なのに嫁の子よりかわいがる

    「みかんの皮を剥いたら、うちの子には『雑!』、小姑の子は『器用よね』って…」(20代女性)というように、孫の扱いに差をつける無神経な姑も。とはいえ、「身内びいき」は無意識の行動かもしれないので、直談判は避け、わが子をさりげなくフォローしておきましょう。

  • 【3】娘にはポケットマネーを渡すのに、嫁には「節約を!」と口うるさい

    「私に『洗濯は風呂の残り湯で』とお説教、義妹に『何かと物入りでしょ』と小遣いを渡す」(20代女性)というように、家計管理に関しても、嫁に厳しく、娘にゆるい姑は少なくないようです。あまりの態度の差にウンザリしているなら、夫から一言注意してもらってもよいでしょう。

  • 【4】娘には実家の冷蔵庫をあさるのを許し、嫁には手土産を期待する

    「私たちに高級和牛をねだり、手ぶらで帰省した娘たちに全部食べさせるって…」(30代女性)というように、娘にはいい顔をするのに、息子夫婦をもてなす気はない姑もいるでしょう。不満を訴えにくい雰囲気なら「皆で食べるには足りなくてスミマセン。とてもお高かったので…」とチクリと一刺ししてもいいかもしれません。

  • 【5】娘の夫がイクメンであることを喜び、息子には亭主関白であってほしいと願う

    「毎日保育園の送迎をこなす娘婿に『今どきの旦那様ね!』と目を細め、休日だけわが子の面倒を見る息子を『尻に敷かれちゃって』と残念がる」(30代女性)というように、子ども夫婦の関係に正反対の感想を持つ姑もいます。あえて、「○○さんも今どきの夫ですから(笑)」と、姑自身のセリフで応じるのも一案です。

  • 【6】娘婿の実家には丁寧に接し、嫁の実家は雑に扱う

    「盆暮れの贈答のお礼でも、娘婿の実家には絵手紙を出し、私の実家には電話も忘れる始末」(30代女性)というように、大事な娘の配偶者には低姿勢で接するのに、嫁のことは実家ごとないがしろにする姑もいるようです。「お義母さんの達筆の葉書はがき、母も待ってますよ」などと持ち上げながら、実家の親への気づかいを促してみましょう。

  • 【7】娘の共働きを応援し、嫁には「そんなに働かなくても…」と渋い顔をする

    「残業続きの義妹を『責任ある部署にいる』と自慢し、私には『子どもを持つほうが先じゃない?』とことあるごとに言う」(20代女性)というように、娘には良き理解者である姑が、実は二枚舌であることも珍しくないようです。同じ働く女性として小姑を味方につけてみると、風向きが変わるかもしれません。

  • 【8】娘が美容にこだわるのは喜び、嫁には厳しい目を向ける

    「ネイルサロン帰りの娘には『女を磨かなきゃね!』と笑顔を向け、私には白髪染めさえ『自宅でしたら?』」(40代女性)というように、娘の女心には母親目線で理解を示すのに、嫁のおしゃれには手厳しく当たる姑もいるでしょう。「嫁は質素に…」を求めるタイプであれば、目立たぬように自分をケアするのが得策かもしれません。

  • 【9】娘が婚家と近居するのも同情し、息子夫婦には同居を期待する

    「『姑と暮らすなんて無理よね』と義姉に言ってるくせに、なぜ、うちに二世帯同居を迫る?」(30代女性)というように、同居に対する見解が自分の都合で180度変わってしまう姑も少なくないようです。「自分もウザい姑の一人」と自覚していない相手には、何を言っても仕方がないので、夫を盾にして上手に対応するしかなさそうです。

嫁はしょせん他人…。頭ではわかっていても、実の娘とひどく差をつけられれば面白くはないでしょう。とはいえ、不合理な主張を真っ向から受け止めるよりも、姑を上手にいなせる実力派の嫁を目指すのが現実的かもしれません。(水谷仁美)
Photo:All images by iStock