家事を手伝ってくれるものの「むしろ二度手間!」な夫を成長させる工夫9パターン


中途半端に家事を手伝ってくれる夫。思いやりがあることには感謝しつつ、仕事の質を高めてもらうには、一体どうしたらいいのでしょうか。そこで今回は、20代から40代の既婚女性500名に聞いたアンケートを参考に「家事を手伝ってくれるものの『むしろ二度手間!』な夫を成長させる工夫」をご紹介します。

  • 【1】「育った環境によって、家事の仕方も違うものだね」とやり方の違いを強調する

    「本当は下手なんだけど、揉める原因になるので否定はしちゃダメ」(30代女性)というように、変に自信を持っている夫には、慎重に改善を求めたほうがいいでしょう。「段取りが異なっていたら、より優れているほうを取り入れる」という言い方でレベルアップをはかると、抵抗なく受け入れてもらえるかもしれません。

  • 【2】大げさに感謝しつつ、「ここまでしてくれたら120点!」と理想を伝える

    「完璧な状態がどんなものか見せてあげることが大切」(30代女性)というように、至らなさをあげつらうのではなく、自分で察してもらうのも手っ取り早い方法でしょう。心のなかでは雑な仕事ぶりにガッカリしていても、顔には出さないほうがよさそうです。

  • 【3】「裏にカビが生えやすいの」などと、どこが不十分なのかを論理的に説明する

    「哺乳瓶のふたを分解して夫も『ギョッ!』。その後、何でも丁寧に洗うようになった」(20代女性)というように、中途半端な作業のまずさを自覚させるのもよさそうです。説教っぽくならないよう、やさしく、ロジカルに指摘しましょう。

  • 【4】何か一つ家事の担当を決めて、その仕事に関しては口出しせず、完全に任せる

    「お風呂掃除に関しては、何も考えなくてよくなったのがウレシイ」(30代女性)というように、自分の手を離れることがひとつでもあると、妻としても肩の荷が下りそうです。とはいえ、例えば洗い物が溜まっても手を出さないなど、最初はある程度の我慢が必要になるかもしれません。

  • 【5】家事をラクにする電化製品や道具を夫婦で一緒に買いに行く

    「食洗器を買ってから、料理しっぱなしってことがなくなった」(20代女性)というように、便利な家電を購入することで、使ってみたさに家事に首を突っ込みだすケースもあります。「使いたい」と思わせなければ意味がないので、多少値が張っても夫の気に入るアイテムを選んだほうがいいでしょう。

  • 【6】「あれ? 今日は食器に泡がついているね」などと、普段はできていることにして指摘する

    「『珍しく』って言えば日頃の感謝も伝わるし、旦那も傷つかない」(40代女性)というように、「いつも」ではなく「いまだけできていなかった」と指摘すれば、夫の機嫌を損ねずに済みそうです。「普段は完璧なのに」とプライドをくすぐって、家事への熱意を刺激しましょう。

  • 【7】「洗濯物は取り込むより畳むのが大変」などと、一番やってほしい点をアピールする

    「雨が降ったので服を家に入れてくれた夫。『やっといたから』と得意顔だけど、しわしわになることを教えました」(30代女性)というように、的外れな介入で手間を増やしてしまう夫には、必要なことを筋道立てて教え込む必要があるでしょう。「できていないからダメ」ではなく、「やってくれたらもっとうれしい」と伝えると、聞き入れてもらえそうです。

  • 【8】「あそこの旦那さん、ゴミ出しするだけでドヤ顔してる」などと悪い例を挙げ、自覚を促す

    「ちょっとぐらいで胸張っちゃう人は恥ずかしいと知れば、わが身を振り返るでしょ」(30代女性)というように、反面教師の話題を持ち出し、自分を客観視させるのもいいでしょう。洗濯物を取り込んでそのままだったり、子どもを風呂に浸からせるだけで得意顔をするような夫にとって、耳が痛い一言になりそうです。

  • 【9】「手伝ってくれるのは助かるけど、二度手間になることがあるの…」とストレートに伝える

    「せっかくやる気はあるんだから、それを無駄にしないためにも話し合いが必要」(20代女性)というように、夫の家事の半端ぶりを率直に伝える人もいます。いきなりダメ出しして意気消沈させないために、「いつも感謝しているけど」と枕詞をつけましょう。

家事に参加してくれる夫には、出来はどうあれ必ず感謝し、上手になるまで根気よく待つことが大切でしょう。間違っても夫の意欲を削がないようにしたいところです。(外山武史)


【調査概要】
期間:2013年6月8日(土)から12日(水)まで
対象:合計500名(20代、30代、40代の既婚女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock