ママ友ランチのお誘いに気乗りしないとき、角が立たない断り方9パターン


ママ友ランチのお誘いを受けて、その気持ちはうれしくても、気が向かずに即答を迷った経験はありませんか? むげに断って次から誘われなくなるのも寂しいため、「どう伝えればいいのか」に頭を悩ませる人は多いと思います。そこで今回は、20代から40代の既婚女性500名に聞いたアンケートを参考に、「ママ友ランチのお誘いに気乗りしないとき、角が立たない断り方9パターン」をご紹介します。

  • 【1】「今月お小遣いがピンチなの!」と、お財布事情を方便にする

    「『家計が厳しいから、今日は自粛しとく』と言えば、『じゃ、また今度ね』という感じになる」(20代女性)というように、懐具合を口実にすれば、波風を立てずにお誘いをパスできそうです。それで声がかからなくなるようなら、「ピンチを切り抜けたから付き合って」と、頃合いを見て自分から誘ってみましょう。

  • 【2】「うわっ残念。また今度誘って!」と、特に理由は告げずにさっと断る

    「あえて言い訳はせずに、今日はNGだと告げてから、『次は是非』と一言添える」(30代女性)というように、あえて取り繕わずスパッと断るのも、自然な対処かもしれません。またの機会に声を掛けてもらうためには、「残念そうに振る舞う」ことが重要になりそうです。

  • 【3】「ちょっと頼まれごとがあって」と、夫の用事を隠れミノにする

    「『ダンナのヤツ、今日中に市役所行けとかありえない』と、急用だと言えば誰も疑わない」(30代女性)というように、夫から用事を押し付けられたことにすると、ほかのママ友も「仕方ないか」と納得してくれるようです。あまり頻繁に使うと夫の評判が落ちるので、ほどほどに利用させてもらいましょう。

  • 【4】「今日あたり来るかもしれなくて」と、義母の襲撃を匂わせる

    「『そろそろトマトが熟れごろだから、ごっそり持ってくる気がする』と、急襲グセのある姑のせいにする」(20代女性)というように、姑の襲来を匂わせれば、大概のママ友は同情してくれそうです。あとで「お姑さん来た?」と突っ込まれたときのために「来るかもしれない」と単なる「予測」に留めておきましょう。

  • 【5】「チビが風邪気味だから、お昼寝をさせないと…」と、子どもを言い訳に使う

    「『お腹がゆるめで』とか、下の子を理由にするのが無難」(20代女性)というように、子どもの体調を心配してみせれば、理解を得られやすいでしょう。ただし当人が横で元気に飛び跳ねている場合は、疑惑の目を向けられてしまうので、ご注意を。

  • 【6】「たまたま今日だけ無理なんだ!」と先約があることにする

    「『やだ、歯医者の予約は明日にしておけばよかった…』と惜しそうに言えば、突っ込んでくる人は少ない」(40代女性)というように、すでに予定が埋まっていることにするのも手っ取り早い方法でしょう。「いいなあ、一緒に行く!」などとせがまれないように、「個人的な用事」を挙げたほうがよさそうです。

  • 【7】「3時までに振り込み手続きしなきゃ!」と、いかにも時間がなさそうに振る舞う

    「『銀行3つも回らなきゃなのよ!』とか、盛大に愚痴る」(40代女性)というように、ランチに気乗りしないことを悟られないために、「その日の忙しさ」を大げさに嘆く手もあります。嫌味でない程度に時計を見るなど、さりげない演出も効果的でしょう。

  • 【8】「風邪気味でうつすといけないから」と、体調不良を装う

    「『朝からゾクゾクしてて…』と、体の不調を訴えれば、誰も無理には誘わない」(40代女性)というように、健康状態の良し悪しは、言い訳の中でも鉄板のようです。とはいえ仮病を疑われないためには、その後数日間はおとなしくしておく必要があるかもしれません。

  • 【9】「クーラーのメンテナンスで」と、業者の来訪をでっちあげる

    「荷物の配送など、家にいなければならない事情を偽装してしまう」(30代女性)というように、在宅の必要があることにすれば、「じゃ、また今度ね」とさらりと受け入れてもらえるでしょう。ただし「排水管の点検」など、同じマンションのママには訝しがられそうな「用事」もあるので、気を付けたほうがよさそうです。

ママ友とのランチは貴重な情報交換の場であり、ストレス解消の場でもあります。しかし、気が乗らないのに無理に参加するのは苦痛なものです。ときには穏便に断る優しい嘘も必要かもしれません。(さとういつき)


【調査概要】
期間:2013年5月16日(木)から18日(土)まで
対象:全国500名(20代、30代、40代の既婚女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock