ぽっちゃりした先輩から「痩せてていいね」と言われたときの嫌味のない返答8パターン


太めの先輩女子から体型を羨まれたとき、答えようによっては嫌味に聞こえてしまうこともあるようです。では、どんな返答をすれば悪印象を残さずにすむのでしょうか。そこで今回は『スゴエル』読者へのアンケートを参考に、「ぽっちゃりした先輩から『痩せてていいね』と言われたときの嫌味のない返答」をご紹介します。

  • 【1】「洋服で隠れてるところがヤバいんです」

    「見えない部分ならいくらでも話を盛れる(笑)」(20代女性)というように、お腹や腰回りなど、普段洋服で見えない部分が太めなのだと告白し、親近感を抱かせるパターンです。「ガードルをはいたりして着やせするように頑張ってます!」などと言うと、「私も頑張ろう」と、共感してくれるのではないでしょうか。

  • 【2】「彼氏には『色気がない』って言われるんです」

    「男子にはぽっちゃりが人気だと伝えたら、ちょっと嬉しそうだった」(20代女性)というように、男性目線での意見に落ち込んで見せることで、痩せていることが必ずしもいいことではないと強調する人もいるようです。「先輩みたいな体型が一番男子ウケするんでしょうね」などと言い、少しヨイショしてもいいのではないでしょうか。

  • 【3】「実は、胃下垂で太れないんです」

    「『子どものときからの悩みで』とちょっと悲しげに言えば、それ以上つっこまれません」(20代女性)というように、痩せているのが体質だとわかれば、先輩から妬まれることもないでしょう。さらに、「おかげで、下っ腹ポッコリで幼児体型なんです」とコンプレックスを吐露すると、「そんな悩みもあったんだ」と、同情してもらえるかもしれません。

  • 【4】「でも、胸が全然なくて。先輩が羨ましいです」

    「『小胸のせいで恋愛も積極的になれなくて』と言ったら勇気づけてくれた」(10代女性)というように、コンプレックスを前面に出して、悩み相談に転換するパターンです。親身になってもらうためにも、「下半身太りでバランスが悪いんです」など、具体的な発言をするといいでしょう。

  • 【5】「燃費が悪くて困っちゃいます!」

    「『痩せの大食いだからエンゲル係数高いんです』って言ったら大笑いしてた」(20代女性)というように、笑いを誘って話をうやむやにする人もいるようです。返答に困ったときのために、自分の外見や見た目で笑いをとり、場を和ませるテクを学びましょう。

  • 【6】「実はもともと太りやすいから、すごく気をつけてるんです」

    「すごく努力してダイエットしたことを話したら感心された」(20代女性)というように、「デフォルトで痩せているわけではない」ということをアピールし、相手の嫉妬心を和らげるパターンです。「どうやって痩せたの!?」と聞かれたら、自分なりに効果のあったダイエット法を丁寧に教えてあげましょう。

  • 【7】「体重は変わってないんですけど、やつれて見えます?」

    「『そういう意味じゃないよ!』って焦ってた(笑)」(20代女性)というように、「悪いこと言っちゃったかな」と、逆に相手に気を遣わせるパターンです。あまり重く受け取られないよう、「元気をつけるために焼き肉食べに行きましょう!」などと言い添え、明るい空気を演出してはいかがでしょうか。

  • 【8】「筋肉がないから、触るとプヨプヨなんです」

    「完ぺきじゃないことを教えてあげると、ちょっと安心するみたい」(20代女性)というように、自分の体型の不完全さを強調することで、お局様の共感を得られるかもしれません。さらに、「もしよければ一緒にジムに通いませんか?」などと誘い、「同志」を目指してもいいでしょう。

ほかにも「ぽっちゃりした先輩から『痩せてていいね』と言われたときの嫌味のない返答」を教えてください。みなさんのご意見をお待ちしています。(榎本洋子)
Photo:All images by iStock