面倒な男性社員からも無駄にモテてしまう女性社員の特徴9パターン


気になる男性に好かれるのは大歓迎だけど、どうでもいい男性にまでつきまとわれるのは面倒なだけ! では、面倒な男性を勘違いさせないためにはどうしたらいいのでしょうか。そこで今回は、20代から40代の未婚女性500名に聞いたアンケートを参考に、「面倒な男性社員からも無駄にモテてしまう女性社員の特徴」をご紹介します。

  • 【1】誰にでも愛想がよく、八方美人なところがある

    「良い顔ばかりするから、いろんな人に勘違いされるんだよ…」(20代女性)というように、誰にでも愛想がよく、男性を勘違いさせやすいタイプの女性もいるようです。もし男性との人間関係で苦労しているなら、苦手な相手にまでムリに話を合わせないなど、周囲への接し方にメリハリをつけてみてもいいかもしれません。

  • 【2】甘え上手で男性社員に頼りがちである

    「甘えられると勘違いしちゃう人も多いんじゃないかな」(20代女性)などの声もあり、上手に甘えられる末っ子気質の人には注意が必要かもしれません。無駄に好かれるだけでなく、「媚びている!」と周囲の女性まで敵にまわす恐れがあります。自分ではどうしようもないときだけ頼るなど、少し控えたほうがいいでしょう。

  • 【3】意味のないボディタッチが多い

    「飲み会でこういう子をよく見かけるけど、自業自得だと思う」(20代女性)というように、男性にベタベタ触っていると、尻軽っぽく見られてしまうこともあるようです。酔っ払うとボディタッチが過剰になる人も多いようなので、自覚のある人は会社の飲み会で飲酒を自制する必要があるでしょう。

  • 【4】警戒心が弱くて隙が多い

    「人の話をすぐに真に受けて反応するから、同性でも見ていて危なっかしい」(20代女性)という声もあり、周囲の男性に「オレがついていてあげないと」と思わせやすいタイプの女性もいるようです。いつも仲のいい同性と一緒に行動していれば、気のない男性にまで隙を見せずにすむのではないでしょうか。

  • 【5】飲み会などで積極的に男性と話をする

    「自分からガンガン話しかけにいくから、積極的だと思われるみたい」(20代女性)など、ノリがよいタイプの女性は男性から勘違いされやすいようです。気軽にメアドを教えたり、誘いを受けたりすると、勘違いされる一方なので、「教えるのはSNSのアカウントだけ」などとハードルを設けたほうがいいでしょう。

  • 【6】やや露出したファッションが多い

    「単純な男は変に期待しちゃうのかも」(20代女性)など、セクシーな服装をしていると、男性に「もしかして誘ってる?」と思わせてしまうこともあるようです。職場では胸元や脚の肌見せを控え、清楚なファッションを心がけたほうがいいかもしれません。

  • 【7】人懐っこくて話しかけやすい

    「特に新人にありがち。感じが良すぎるのも考えものかも」(30代女性)というように、愛嬌があって聞き上手な妹タイプの女性は、男性に好意を抱かれやすいようです。どうでもいい男性にまで「オレに従順で可愛いな」と思われないためには、他人の話に同調しすぎず、少しは自分の意見を言う、自己主張が必要でしょう。

  • 【8】おだて上手で男性が勘違いしそうなほどよく褒める

    「『すごいですね』が口癖。男の人はいい気分になっちゃうんだと思う」(30代女性)という意見もあるように、褒め上手で男性を「いい気」にさせやすいタイプです。なかには「オレを認めてくれた」と勘違いする男性もいるので、好きな相手だけ褒めるようにしてはいかがでしょうか。

  • 【9】つまらない話でも楽しそうに聞く

    「いつもニコニコしてるから、男が『いける!』と思っちゃうんだよ」(20代女性)というように、いつも機嫌の良い女性は、特に自分に自信のない男性から支持を得やすいようです。気のない相手に何度も話しかけられたら、ときには「忙しいので」と拒否してみてもいいでしょう。

気のない相手にまで無駄にモテるのを防ぐためには、必要以上に愛想を振りまかないことが肝心なようです。ほかにも、「面倒な男性社員からも無駄にモテてしまう女性社員の特徴」について、何かエピソードがあれば教えてください。みなさんのご意見をお待ちしています。(持丸未来)


【調査概要】
期間:2013年5月16日(木)から5月23日(木)まで
対象:合計500名(20代、30代、40代の未婚女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo: All images by iStock