「それってもしかしてイヤミ?」と感じる義母の何気ない一言9パターン


夫は「気にしすぎだよ」と軽く流すけれど、どうしてもトゲを感じてしまう義母の「一刺し」には、どう対処するといいのでしょうか。そこで今回は、独自アンケートの結果を参考に「『それってもしかしてイヤミ?』と感じる義母の何気ない一言」と、その返しワザを紹介します。

  • 【1】「お鼻だけママ似ねぇ」と、孫の顔をジロジロ見る

    「ぱっちりおめめは私そっくりなのに、そこはスルー!?」(20代女性)というように、孫の顔立ちにイマイチなパーツがあれば、嫁のせいにしたがる姑は多いようです。言い返しても場の空気を悪くするだけなので、「鼻ペチャなところが瓜二つかもー(笑)」と笑いに落としながら、姑が言わんとするところを、周囲にさりげなくさらしてしまいましょう。

  • 【2】「どれだけカロリー高いもの食べてるの?」と、息子の体重増加を懸念する

    「『メタボが心配』って、あなたが甘党に育てたのが原因では?」(30代女性)というように、自分の子育ての実態を忘れ、息子の肥満体型を「嫁の責任だ」と決めつける姑も不快なものでしょう。「いくら言っても間食をやめられないみたいで…」などと、暗に自分のせいじゃないことをほのめかしてもよさそうです。

  • 【3】「うちの子は主婦の鑑!」と、唐突に娘自慢を始める

    「高収入なダンナをつかまえた義姉を引き合いに出して、『まだパート続けるの?』だって…」(30代女性)というように、夫に姉妹がいる場合は、小姑と比較して貶められることもあるようです。本音はともかく、「そうですねえ」と、すました顔でやり過ごすのが得策かもしれません。

  • 【4】「今どきの女性はみな頑張って働いてるのね」と、出産退職した嫁に言う

    「『根性がある人は、赤ちゃんが生まれても働くのね』って、ママタレントと比べられても…」(30代女性)というように、人生の選択に苦言を呈す姑もいるようです。姑が専業主婦なら「お義母さんたちの時代はどうでしたか?」と、矛先を相手に向けてしまいましょう。

  • 【5】「お隣は同居ですって」と、帰省中の食卓で羨む

    「『あそこ、二世帯に建て替えるらしいわ』って何のアピール!?」(20代女性)というように、同居願望をちらつかせる姑にも、心の警戒信号が鳴ってしまいそうです。「あら、できたお嫁さんですねぇ」と、言外に「うちはムリ!」と匂わせながら、さっさと話題を変えてしまいましょう。

  • 【6】「高血圧だからお漬物は…」と、嫁の実家からの贈り物に困惑してみせる

    「『辛い物は食べないって、あなたのお母さまご存知なかった?』って、言い方が嫌!」(20代女性)というように、嫁の実家のうっかりミスを質問形式で指摘する姑には、モヤッとしてしまいそうです。とはいえ、事を荒立てるよりも「今度伝えておきます」とサラリと流したほうが平穏に済むでしょう。

  • 【7】「うちの血筋は…」と、孫の成績低下を嫁のせいにする

    「『うちの男性陣は首席ばかりだったのよ』って、私の顔をチラリ…」(30代女性)というように、孫の不出来は、嫁側の遺伝だとほのめかす姑もいるようです。その場で何か言うよりも、あとで夫から「あの言い方では、子どものやる気がそがれるだろう」と、て注意してもらうのがいいかもしれません。

  • 【8】「昔はトイレ掃除がイイって言ったのよ」と、妊娠中の嫁に労働を強要する

    「テレビ見てたら、『気楽でいいご身分ねぇ』と言われた」(20代女性)というように、妊娠中の嫁が休憩している様子に、わざわざ皮肉を言う姑もいるようです。あえて挑発に乗っかって「ええ、楽させていただいてます(笑)」などと動じない嫁になってしまうのもアリでしょう。

  • 【9】「大事なお嬢様をいただいたから、床の間に飾っておかなきゃ」と、嫁の気の利かなさを皮肉る

    「不慣れな台所でマゴついていたら、『アナタは上げ膳据え膳でいいわよ』と言われた」(20代女性)というように、夫の実家でテキパキ家事ができない嫁に、当てつけがましい一言を言う姑もいるようです。数日の帰省中であれば、「何もわからないので、どんどん言いつけてくださいね」と、殊勝な態度で流しておくのが無難でしょう。

姑のイヤミに、いちいちひっかからずに上手にかわせるようになってこそ、嫁として一人前。「最近、私もやるな!」と自画自賛できるよう、研鑽を積んでいきましょう。(水谷仁美)
Photo:All images by iStock