ママ友から仲良しママの悪口を聞かされたときのリアクション9パターン


ママ友との会話で、親しいママを悪く言われて困ったことはないでしょうか。そこで今回は、20代から40代の既婚女性500名に聞いたアンケートを参考に、「ママ友から仲良しママの悪口を聞かされたときのリアクション9パターン」を紹介します。

  • 【1】「そういえば、七五三どうする?」など、話題を変える

    「『そうそう! 来月のバザー、何を出品する?』みたいに、タイムリーなネタを振って、どす黒いトークをぶっちぎります」(30代女性)というように、時節に合った共通の話題に転換すれば、話の矛先を別のものに向けることができるでしょう。切羽詰まった調子で切り出せば、急にテーマが移ってもさほど不自然には映らないかもしれません。

  • 【2】「ふーん、そうなんだー」と、肯定も否定もせずに聞き流す

    「『うんうん』だと、同調していると思われちゃうので、相づちは『へえー』『ふーん』にとどめておく」(40代女性)など、当たり障りのない返事で、その場をやり過ごすのも良いでしょう。軽々しく賛同しないことが、さりげない意思表示にもつながりそうです。

  • 【3】「子どもたちの様子を見てくるね」など、用事をつくって席を外す

    「バイブが鳴ってることにして、『ゴメン! 電話かかってきちゃった』と言えば、スムーズにその場を離れられます」(20代女性)というように、何かしらの理由をつけて、会話の輪から抜け出す方法もあるでしょう。うまい急用を思いつけば、角も立ちにくそうです。

  • 【4】「ごめん、今ちょっと別のこと考えてた」など、聞いていなかったフリをする

    「手元に雑誌があればパラパラめくったり、スマホがあればメールを見たりして、全身で『心ここにあらず』を表現!」(30代女性)など、会話に集中していない様子を装うのも一案です。上の空の態度を示すことで、ママ友の噂話に関心がないこともアピールできるでしょう。

  • 【5】「人それぞれに事情があるもんね」などと、ざっくりキレイにまとめる

    「一度、『子どもが十人十色なら、ママも十人十色だよねー』と返してみたところ、それ以上続けにくくなったみたいで大成功」(40代女性)というように、わざと正論で締めくくってしまうというやり方もあるでしょう。いったん一般論として片付けられた話題を、再び個人攻撃に戻すのには、よほどの覚悟がいりそうです。

  • 【6】「それを言ったら私のほうがひどいよー」などと、自虐ネタにつなげる

    「『あの人いつも保護者会に遅れてくるのよ』と言うので、『私なんて保護者会があることを忘れて昼寝してたことあるよ』と返したら、むしろ呆れられた…」(20代女性)など、悪口の内容次第では、自分を引き合いに出したフォローも可能かもしれません。とはいえ自虐が過ぎると今度はあなたとの仲がぎくしゃくするかもしれないので、気をつけましょう。

  • 【7】「すごく良い人だよ」などと、親友の良いところを挙げてかばう

    「『そうかな。この間も下の子預かってもらったし、とっても親切だよ』と、そのママの肩を持ったら、それ以来、私に彼女の話はしなくなった」(30代女性)など、具体的なエピソードも添えて擁護すると、反論しにくいようです。「あなたと同じで、Kポップが好きらしいよ」などと、共通点を見つけてシンパシーを抱かせるという作戦も有効かもしれません。

  • 【8】「それは困るよね。注意してみようか」と仲立ちを申し出る

    「『あのママ、時間にルーズで本当に困る』って言うから、『改善してもらうようにお願いしてあげようか?』と仲裁役に立候補したら、さすがに腰が引けてた」(40代女性)というように、建設的な提案をして、相手の勢いをそぐこともできるでしょう。ただし、本当に頼まれてしまう可能性もあるので、実現可能な事柄にとどめましょう。

  • 【9】「仲良しだから、悪口は聞きたくないな」とストレートに話してやめてもらう

    「『ごめん、ストップ! 私、○○さんと仲良いから勘弁して』ってはっきり断っちゃいます」(20代女性)など、理由を説明して正面から拒絶するという方法もあるでしょう。何度も繰り返し陰口を聞かされたときなどは、こうした正攻法を試みても良いかもしれません。

仲良しの悪口を延々と聞かされるのは苦痛なものです。うまいかわし方を覚えてやり過ごしつつ、自らもうっかり誰かを悪く言ったりすることのないように心がけましょう。(倉田さとみ)


【調査概要】
期間:2013年6月8日(土)から12日(水)まで
対象:合計500名(20代、30代、40代の既婚女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock