ドライブデートで大渋滞!車内の空気を和ませる方法9パターン


ドライブデート中の渋滞はよくあること。イライラせずに、できれば楽しく乗り切りたいところです。そこで今回は、10代から30代の独身女性328名に聞いたアンケートを参考に「高速道路で大渋滞に巻き込まれたとき、車内の空気を和ませるための行動」をご紹介します。

  • 【1】二人が好きな音楽をかけて一緒に歌う

    「車の中は周りを気にせず、思いっきり歌える貴重な場所です!」(20代女性)というように、カラオケボックスの中にいる気分で歌う人もいます。大渋滞に巻き込まれたときのために、カバンの中に二人のお気に入りのCDを数枚潜ませておくといいかもしれません。

  • 【2】「それでは問題です!」などといって、男性になぞなぞやクイズを出す

    「ノリがいい男の人なら喜ぶ」(20代女性)というように、運転に退屈している男性のために、いろんなクイズを出して楽しませるという人も。問題が思い浮かばない人はネットで検索するか、自分に関する質問をぶつけるといいでしょう。

  • 【3】「すごく景色が良かったね」などデートの感想を話す

    「素敵なところに連れて行ってくれた感謝を込めて…」(30代女性)というように、渋滞を1日の出来事を振り返る時間にするのもいいかもしれません。「楽しかった」「ありがとう」などとポジティブな感想を述べれば、車内のピリピリした空気も和むでしょう。

  • 【4】甘くておいしいものを事前に購入しておき、いざというときに取り出す

    「お菓子を食べれば心のトゲトゲがとれる」(20代女性)というように、渋滞時の男性の心がほどける食べものを用意しておくのもよさそうです。トイレ休憩もかねて、高速道路に入る前にコンビニなどに寄ってもらうといいかもしれません。

  • 【5】「次は〇〇に行きたいな」など、次回のデートの予定をたてる

    「楽しい話をして過ごしたいので」(20代女性)というように、次のデートプランを話し合う時間にするのも有意義でよさそうです。ただし、「次は渋滞に巻き込まれないように…」など、その日のデートを否定するような発言をうっかりしてしまわないようにしましょう。

  • 【6】「運転疲れたでしょう?」と言って、男性の肩をやさしくもんであげる

    「自然なスキンシップのチャンス。より仲良くなれそう」(20代女性)というように、運転疲れを気遣い、マッサージを施せば男性もリラックスしてくれるでしょう。「お疲れさま」という一言を添えれば、男性の心があったかくなるかもしれません。

  • 【7】「運転、代わろうか?」と提案してみる

    「私も運転するから、気持ちはよくわかる」(20代女性)というように、運転交代を申し出れば、男性は「この子は運転の大変さを分かってくれている」と感じるようです。運転に自信がない場合は、「次のサービスエリアで休もう」など休憩の提案をしてはいかがでしょうか。

  • 【8】「今日は遅くなっても大丈夫だから」と、時間に余裕があることを伝える

    「急がなくていいと分かれば、気持ちがラクになるはず」(20代女性)というように、帰宅が何時になってもいいと伝えれば、男性は時間的なプレッシャーから解放されるでしょう。「のんびり帰ろうよ」と笑顔で言えば、その後の車内の会話も弾むかもしれません。

  • 【9】「練馬」「湘南」など前後左右の車のナンバープレートを見てその街の印象を語る

    「地理が得意な男性と話すと面白い」(20代女性)というように、渋滞が長引いて話題が途切れたら、車内から見える車のナンバーをネタに話すのもいいかもしれません。いろいろな街の話をしながら、次のデートの行先を決めるのも楽しそうです。

イライラが募りがちな渋滞も、心がけ次第では愛を深める時間になりそうです。渋滞に限らず、男性と一緒に置かれた状況を楽しもうという、前向きな気持ちが大切なのかもしれません。(外山武史)


【調査概要】
期間:2013年4月11日(木)から4月17日(水)まで
対象:合計328名(10代、20代、30代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock