「デキる子!」と先輩から可愛がられる女子がしている仕事中の気遣い9パターン


どんな職場にも、なぜか先輩から可愛がられる女子というものが存在します。「ちょっとした気遣いが自然にできる」というのが、彼女たちが愛される理由なのかもしれません。そこで今回は、20代から40代の未婚女性500名に聞いたアンケートを参考に「『デキる子!』と先輩から可愛がられる女子がしている仕事中の気遣い」を紹介します。

  • 【1】自分の手があくとすかさず「何か手伝いましょうか?」と聞く

    「やることないのにボーッとしてる子を見るとイラッとする」(30代女性)というように、自ら進んで動けるかどうかが評価の分かれ目といえそうです。「この書類を整理しましょうか?」など、具体的な提案もできるとベターでしょう。

  • 【2】先輩が仕事で大変な時に飲み物やお菓子を配る

    「ちょっとした気配りにみんなほっこり」(30代女性)というように、直接仕事を手伝わなくても、フォローできることがあるようです。徹夜明けならブラックコーヒーをいれたり、長丁場で脳が疲れていそうならチョコレートを出すなど、状況で内容を変えるとさらに喜ばれそうです。

  • 【3】少し早く出社して職場の掃除をすませておく

    「早く来て、みんなのデスク周りを掃除していた後輩には感心した」(20代女性)というように、気持ちよく仕事を始められるよう職場環境を整えるのも、先輩から感謝される行為と言えそうです。さらに、あまった時間を自分の仕事の整理にあてれば、やる気のある子だと評価も高まりそうです。

  • 【4】頼まれた仕事の進捗報告をこまめに行う

    「『報連相』がしっかりできる子は、たとえミスがあってもすぐに修正できる」(30代女性)というように、勝手な自己判断で仕事を進めると、後々取り返しのつかないことになる可能性もあります。先輩へのマメな状況報告は、安心感を与えられるだけでなく、結果的に自分にとってもプラスといえるのではないでしょうか。

  • 【5】会議用の資料は少し多めに用意しておく

    「会議が始まってから資料が足りずバタバタするのはよくあるケース」(30代女性)というように、簡単なようで忘れがちなポイントをカバーできるのも、気遣いのできる女子の特徴かもしれません。同様の理由で、お茶なども少し多めに手配をしておくと安心でしょう。

  • 【6】「これ、進めてもいいですか?」と先回りして仕事をする

    「言われるのを待つだけの受け身な子は残念…」(20代女性)というように、自分から次の動きを提案できると、評価はグンとあがりそうです。ただし、相手の性格によっては後輩の出過ぎた振る舞いとして、快く思わない人もいるかもしれません。先輩のタイプは見極めたうえで提案する必要がありそうです。

  • 【7】仕事を終えた時は周囲に笑顔で労いの言葉をかける

    「社歴が長くなるほど、笑顔や気遣いを忘れがち。ハッとさせられることも」(30代女性)というように、笑顔や挨拶といった基本的なことが徹底できているかどうかも、印象に大きく影響しそうです。仕事を手伝ってもらった場合などは、感謝の気持ちを丁寧な言葉で伝えることも忘れないようにしましょう。

  • 【8】先輩と外出する時は地図と乗り換えを確認しておく

    「いつも案内役を買って出てくれる後輩。本当に助かります」(30代女性)というように、外出時の細かな段取りは、率先して引き受けるとよさそうです。また、出かける30分前には声をかけるなど、プラスアルファの気配りもポイントが高そうです。

  • 【9】常にペンを携帯し、いつでもサッと差し出せるようにしておく

    「いつも絶妙なタイミングで貸してくれて大感謝(笑)」(20代女性)というように、常に先輩が何を必要としているかを気にしていればこそ、瞬時に行動できるのでしょう。ペン以外にも、仕事柄よく使う文房具があれば、常に携帯しておくといいかもしれません。

職場をこまめに掃除したり、常時ペンを携帯しておくなど、今日から簡単に真似できる振る舞いもありそうです。ほかにも、「『デキる子!』と先輩から可愛がられる女子がしている仕事中の気遣い」について、エピソードがあれば教えてください。みなさんのご意見をお待ちしています。(大竹康予/Litofura)


【調査概要】
期間:2013年5月16日(木)から5月23日(木)まで
対象:500名(20代、30代、40代の未婚女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock