初打ち合わせの男性社員から密かに試されている「女子力」8パターン


仕事でいろいろな人と接する機会があるという人もいるでしょう。第一印象は特に重要だとされているので、できるだけ良い印象を残せるようにしたいもの。では、男性は初めて会う女性のどんなところを見ているのでしょうか。そこで今回は、20代から40代の未婚男性500名に聞いたアンケートを参考に、「初対面の打ち合わせで男性社員が密かにチェックする女子力ポイント」をご紹介します。

  • 【1】丁寧な「言葉遣い」で話す

    「話し方ひとつで、相手がどんな人か大体わかります」(30代男性)というように、きれいな言葉遣いをするだけで、相手に良い印象を与えることができるでしょう。敬語だけでなく「見れる」「食べれる」といった「ら抜き言葉」を使わないようにするなど、ちょっとした心がけが印象を左右しそうです。

  • 【2】明るすぎず暗すぎない色の、サラサラな「髪」である

    「豪華な巻き髪より清楚なストレートの方がグッとくる(笑)」(20代男性)など、男性は「女の命」とも言われる髪の毛をしっかりとチェックしているようです。髪型がうまく決まらないときや、外出先で崩れてしまったときのために、すぐにまとめられるヘアクリップをカバンに用意しておいてもいいでしょう。

  • 【3】ビジネスシーンに合った「デキる女風スーツ」を着ている

    「ビシッとスーツで決めた女性は、仕事相手としても好感度が高い」(20代男性)など、服装に注目する男性もいるようです。打ち合わせ先が明るい雰囲気の会社ならシャツで遊び、歴史のある会社ならクラシカルなタイプのスーツを選ぶ…など、相手に合わせて変えるのも良いでしょう。

  • 【4】控え目だけどきれいに整えられた「ネイル」である

    「めちゃくちゃ派手なのは嫌だけど、シンプルな感じのネイルは女性らしくていいなーと思う」(20代男性)というように、メモをしたりするときの手も、男性はしっかりと見ているようです。ハゲたままになっているネイルは、逆にズボラな印象を与えてしまうので、塗り直す暇がなければいっそ落とすなど、指先はきれいな状態を保つよう心がけましょう。

  • 【5】笑顔の口元から「白い歯」がのぞく

    「歯が白いだけですごく爽やかな人という感じがする」(20代男性)という声もあり、「そこまで見てるの?」と意外に思うような部分もチェックされているようです。食事直後に打ち合わせがある場合などは、歯磨きをして食べカスや口臭の予防をするといいでしょう。

  • 【6】きちんとアイロンがけされた「シャツ」を着ている

    「上着を脱いだときにシャツがシワシワだと、仕事に対してもズボラなのかなと思ってしまう」(30代男性)など、「着衣の乱れは仕事の乱れ」と考える男性も少なくないようです。今日は上着を脱がないから…とアイロンがけをサボりがちな人は、「いつ脱いでもいい」ように考えを改め、行動を正しましょう。

  • 【7】お辞儀をしたときなど、動いたときにふっと「いい香り」が漂う

    「いい匂いがする人はヤバい。打ち合わせに集中できなくなる(笑)」(20代男性)という意見もあり、香りには女性の魅力をグンと引き上げる力があるようです。ただし、自分でも感じるほどの香りは「付けすぎ」、とも言われます。きつい香りは相手を不快にする恐れがあるので、つける量には気をつけましょう。

  • 【8】手入れされた「きれいなヒールの靴」をはいている

    「靴は自分たちも汚れていないか日頃から注意しているので、ついつい見てしまいます」(30代男性)というように、靴にこだわりを持つ男性は多いので、女性の足元もチェックされるようです。特に、エナメルタイプのパンプスは汚れが目立つので、家を出る前に靴を軽く磨く習慣をつけてはどうでしょうか。

女子力の高さは、女性としてだけでなく、仕事相手としての評価にもつながるようです。意識を高め、女子力アップに努めてはいかがでしょうか。ほかにも「初対面の打ち合わせで男性社員が密かにチェックする女子力ポイント」に関するエピソードがあれば教えてください。みなさんのご意見をお待ちしています。(中可南子)


【調査概要】
期間:2013年6月13日(木)から6月20日(木)まで
対象:合計500名(20代、30代、40代の未婚男性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock