いじってくる男性社員に「やりすぎたな」と反省させる切り返し8パターン


どんな職場にも「いじられキャラ」がいます。自分がそうなってしまった場合、やたらといじってくる相手をそのままにしておくと、傷つけられてしまう恐れも。では、お互いの関係を良好に保ちつつ、「やりすぎたな」と反省してもらうには、どうしたらいいのでしょうか。そこで今回は、20代から40代の未婚男性500名に聞いたアンケートを参考に、「いじってくる男性社員に『やりすぎたな』と反省させる切り返し」をご紹介します。

  • 【1】「本当にそう思ってるんですか?」と真意を問う

    「不意をつかれて、申し訳ない気持ちになる」(20代男性)という声もあるように、冗談とわかっていても、あえて本心かどうかを聞くことで、発言を見直させる人もいるようです。釘を刺しておきたい場合は、間髪容れずに「本気で言っているならショックです」と訴えてみてはいかがでしょうか。

  • 【2】「さすがに凹みます」とうつむく

    「うつむかれると、悪いことをしちゃったなと気づく」(20代男性)というように、相手を落ち込ませてしまったと感じてはじめて反省する男性も多いようです。「これはひどいな」と感じたら、強がらず、素直に傷ついた様子を見せるといいのではないでしょうか。

  • 【3】「それ以上はセクハラですよ」と訴える

    「『ここから先はNG』と改めて言われると、ハッとする」(20代男性)というように、「セクハラ」という言葉に反応する男性の心理を利用するのもいいでしょう。日頃から騒いでいると言葉の効果も薄れてしまいますが、ここぞというときに毅然とした態度で言うと、相手に響くかもしれません。

  • 【4】「いい加減にしてください!」と怒る

    「『やっちゃったな』と気づいて、二度とイジらなくなると思う」(30代男性)というように、本当に頭にきたときは、ストレートに怒ってみてもいいかもしれません。一時的に怒っても後に引きずらないようにすれば、その後も良好な関係が保てるでしょう。

  • 【5】「ちょっと今忙しいので」と遮る

    「『怒らせちゃったかな?』とちょっと焦る」(30代男性)という声もあるように、「許せないな」と感じた時には、いつもよりそっけない態度で相手に違和感を抱かせる人もいるようです。相手がとりつくろっても反応せず、少し冷たく接すると、こちらのボーダーラインに気づいてくれるかもしれません。

  • 【6】「もう一度言ったら返事しません」と忠告する

    「最後通告されたら『ハイ、すみません』としかいえない(苦笑)」(20代男性)というように、あまりにしつこい相手には、きっぱりと「次は許さない」と言ってみてはいかがでしょうか。ただし、少なからず相手を不快な気持ちにさせてしまうので、最終手段だと思ったほうがいいでしょう。

  • 【7】「私のこと嫌いなんですか?」と聞く

    「そこまで思いつめさせてたなんて…と申し訳なくなる」(20代男性)というように、悪意があるのかどうかを確かめて、相手にこちらの辛い心情を気づかせる人もいるようです。「そんなつもりはない」と言われたら、「あー、よかった」と安心した様子を見せて、関係をこじらせないようフォローするといいでしょう。

  • 【8】「他の女性社員ならキレてますよ」と注意する

    「『私キレてます』と言いたいことがひしひしと伝わってくる」(20代男性)という声もあるように、他の女性社員を引き合いに出して、怒りたいのを我慢していることをアピールしてもいいでしょう。それでもわからないような鈍感な相手には、「私もそろそろ限界です」とストレートに言ってもいいかもしれません。

しつこくいじってくる男性社員を反省させるには、こちらの不快感を冷静に伝える必要があるようです。ほかにも「いじってくる男性社員に『やりすぎたな』と反省させる切り返し」について何かエピソードがあれば教えてください。みなさんのご意見をお待ちしています。(持丸未来)


【調査概要】
期間:2013年5月16日(木)から5月23日(木)まで
対象:合計500名(20代、30代、40代の未婚男性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock