【ランキング】男性には理解不能! 女性の「やりすぎメイク」ワースト3


1375234400637 200x200

好きな男性との初デート、「今日は気合い入れてメイクしちゃお!」と意気込む気持ちは誰しもわかることでしょう。しかし「盛り過ぎ」な化粧は、男性に「ちょっと引く…」と思われてしまう場合も。ではどんな化粧が男性から不評なのでしょうか? そこで今回は『スゴレン』男性会員へのアンケートをもとに、「男性には理解不能! 女性の『やりすぎメイク』ワースト3」を発表します。

【1位】目がはばたいていきそうなぐらいの「大量のまつ毛」(54票)
・「目だけが強調されちゃって、ほかのところが目立たなくなっちゃってる」(10代男性)
・「彼女の付けまつ毛を外した顔を見たとき、落差がありすぎて目が貧相だなと思ってしまった」(20代男性)
・「雑誌モデルがやってるメイクを真似しても、同じようにはなれるとは限らないですよ」(30代男性)

【2位】眉毛をすべて剃ってから描いた「作り物の眉毛」(41票)
・「化粧を落としたときの顔が怖すぎるので、眉毛はあったほうがいいです」(20代男性)
・「男からすると、それはもうメイクではなくて絵画(苦笑)」(30代男性)

【3位】顔の色と首の色がまったく違う「厚塗りファンデーション」(33票)
・「おばちゃんが必死にシワを隠してるようで、余計に老け顔に見えちゃいます」(30代男性)
・「美白にこだわってた女友達に、『顔色悪いけど大丈夫? 貧血?』と聞いてしまったことが…」(20代男性)


美意識が高く、きれいになりたいとファッション誌などで研究している女性ほど、昨日より今日、今日より明日と過剰な化粧になっていってしまうのかもしれません。けれど、すっぴんに近いナチュラルメイクが好きな男性は多いもの。「もしかしてやりすぎ!?」と心あたりがある女性は、メイクの引き算を勉強してみてはいかがでしょうか。(A4studio)

【調査概要】
対象:合計269名(『スゴレン』男性会員)
方法:インターネット調査
※2013年7月28日現在