義母の手料理に「苦手な食材」が入っていたときの対応9パターン


結婚したばかりの妻にとって、夫の実家は気が抜けない場所でしょう。義母が作ってくれる手料理にどうリアクションするかも、なかなか難しいところです。そこで今回は、独自アンケートの結果を参考に「義母の手料理に『苦手な食材』が入っていたときの対応」をご紹介します。

  • 【1】「どうしても苦手で」などと、正直に打ち明ける

    「『ごめんなさい、レバーだけは口にできなくて』と謝りたおす」(20代女性)など、今後のことを考えれば、早いうちに食べきれないものを伝えておいたほうがいいかもしれません。「一度、吐いてしまって…」というように、いかに苦手かを訴えれば、無理強いされることもなさそうです。

  • 【2】「小さいときにじんましんが出たことがあって」などと、体質のせいにする

    「好き嫌いの問題ではなく、体が受け付けないといえば角が立たない」(20代女性)というように、切実な状況を説明すれば、義母も同情してくれるかもしれません。ただし、嘘があとから露呈すると気まずい事態を招きかねないので、妥当な言い訳かどうか事前に検討しておいたほうが賢明でしょう。

  • 【3】「苦手だけど、今日は食べてみます」などと、けなげに挑戦する

    「『今まで食べきれなかったのですが…』と前ふりして、笑顔で食べようとする」(20代女性)など、嫌いなことを伝えたうえで努力する姿勢を見せれば、少しは好印象を与えられそうです。「どうだった?」と感想を聞かれたら、「やっぱり無理でした」と正直に応えましょう。

  • 【4】頑張ってひと口食べてから「実は苦手なんです」などと、告白する

    「少しも食べずに『嫌い』というのは失礼だから」(30代女性)というように、とにかく少しでも口にしてから、「本当は…」と打ち明けるのもいいでしょう。一応、食べたうえでのコメントなら、義母の気持ちも少しは落ち着きそうです。

  • 【5】「好き嫌いはなくすべきですよね」などと、理想を言いつつ逃げる

    「『お義母さんが作ってくださった料理を食べられないなんて、ダメ嫁ですね…』としきりに恐縮する」(20代女性)など、自分をおとしめるのもひとつの手です。先回りして自分が悪いと言ってしまえば、義母もそれ以上、責める気にならないでしょう。

  • 【6】「お義母さんは苦手な食材ってあります?」などと、話をふる

    「誰にでも、嫌いな食材のひとつやふたつはありそう」(30代女性)というように、義母や同席している人に、食べられないものを聞いてみる方法もあります。いくつか出たところで「実は私、トマトだけはダメで…」と切り出せば、「仕方ないよね」と許される雰囲気になりそうです。

  • 【7】「すごく美味しそうなのに、ナスだけは苦手で残念…」などと、料理を褒めつつ謝る

    「義母のご機嫌をとることが大切」(20代女性)というように、とにかく料理自体を持ち上げておけば、嫁の告白に少しは寛大になってくれるかもしれません。もし苦手な食材が一部に入っているだけなら、それ以外の部分を口にして「最高においしいです!」と味付けを絶賛しておきましょう。

  • 【8】「次は食べられるように練習しておきます」などと、今回はスルーする

    「『少しずつ慣れるようにします』とごまかす」(30代女性)など、「今は無理だけどいつかは…」というニュアンスでお茶を濁すこともできそうです。とはいえ、義母もやんわり拒否されれば、その料理を食卓に並べようという気持ちが起こらないかもしれません。

  • 【9】「食べたいけど、でも、いや、あのー」などと、葛藤する気持ちをそのまま伝える

    「包み隠さず、困ったそぶりを見せる」(20代女性)というように、戸惑う様子をあえて披露することで、義母から「無理しなくていいよ」と言ってもらえる可能性もあります。ちょっとかわいらしい天然キャラで演じ切れば、多少の好き嫌いがあっても、憎めない嫁になれそうです。

ほかにも、義母の手料理に「苦手な食材」が入っていたときのうまい対処法があれば教えてください。皆さんのご意見をお待ちしています。(佐々木恵美)
Photo:All images by iStock