いまいちピンときていない夫を節約に協力させるための工夫9パターン


節約に励む自分をよそに、「雨が降ってきたから」と、いとも簡単にタクシー帰宅を選択する夫。小さな無駄遣いを繰り返されて、「どうしてわかってくれないの?」と苦々しい思いを抱いたことはありませんか? そこで今回は、20代から40代の既婚女性500名に聞いたアンケートを参考に「いまいちピンときていない夫を節約に協力させるための工夫」をご紹介します。

  • 【1】「先月の収支です」と、家計をシンプルに「見える化」する

    「『入ったお金』と『出たお金』を2本の棒グラフにして見せたら、慌ててアイスを冷凍庫に戻していた」(20代女性)というように、苦しい家計を一目瞭然にして示すと、「節約が不可欠」と実感させやすいかもしれません。数値は無視して要点を強調すると、データが苦手な男性でも直感的に理解できそうです。

  • 【2】「私がポイントで買うわ!」と、妻の節約に従わせる

    「『ハンバーグ? ひき肉半額デーまで待ってね』とか献立をきっちり決めていたら、わがままを言わなくなりました」(20代女性)というように、妻の節約を邪魔させないようにするのも、ひとつの方法かもしれません。日々の工夫を見せつけることで、財布の紐を固く締めさせてしまいましょう。

  • 【3】「もったいないから、お水止めようねー」と、まずは子どもを節約体質にする

    「『パパ、でんきけしなさい!』と娘のチェックが厳しいので、わたしの出る幕はない」(30代女性)というように、子どもを上手に巻き込んで、意識改革を促す手もあります。とはいえ家庭内の雰囲気がギスギスしないよう、加減を考えたほうがいいでしょう。

  • 【4】「照明を減らすとムーディになるね!」と、あえて節約に触れない

    「『ランチ代がもったいない』ではなく、『弁当男子が話題らしいよ』と言う。見栄っ張りの夫を乗せるテクニックです(笑)」(30代女性)というように、夫が節約をみっともないと感じているなら、体裁のいい口実を作ってあげるとよいかもしれません。「ステキ!」などとおだてれば、うまく丸め込めそうです。

  • 【5】「電気消すの忘れないでね」と、明るく声をかける

    「『水出しっぱなし!』だと逆ギレされるが、『コップ一杯で歯磨きできるよね?』だと、ハッとして蛇口を締めてくれます」(20代女性)というように、ガミガミ言われると、つい反発してしまう夫は多そうです。節約の必要性を理解してくれているようなら、穏やかな口調で浪費に気づかせましょう。

  • 【6】「暑いのが得意なら、冷房控えよう」と、負担の軽いことを頼む

    「晩酌好きな夫に『酒代を減らせ』は酷。自転車通勤を勧めて、交通費を削ってもらっています」(40代女性)というように、夫が重荷に感じない方法を提案すると、協力を得やすくなりそうです。「節約率が高いから」とやみくもに強要せず、夫の生活や好みに合う方法を頼んで、長く続けてもらいましょう。

  • 【7】「外食やめた分、缶ビール一本追加してよし!」と、細かくご褒美をあげる

    「『2か月連続で黒字達成したら、お寿司食べに行こう!』とか、目標があるとガゼン本気になる」(30代女性)というように、鼻先に「人参」をぶら下げてやると、やる気に火をつけられるかもしれません。夫の意欲を保ちながら成果を上げるには、アメとムチのバランスが重要でしょう。

  • 【8】「マイホーム大作戦!」と、家族共通のお楽しみを設定する

    「500円玉は有無を言わさず貯金箱に入れるルールを徹底。貯めたお金で念願のバリ島へ行きました!」(20代女性)というように、家族みんなでゴールに向かって団結すれば、夫も部外者ぶってはいられないでしょう。ときどき「達成したあかつきには…」などと話し合うと、節約疲れが吹き飛びそうです。

  • 【9】「意図があるわけ?」と、節約に協力しない理由を問いただす

    「ほかに計画でもあるのかと思いきや『金に執着がない』だって…。『じゃあ来月のお小遣い半分にするね』と脅したらアワアワしてました」(20代女性)というように、協力しない原因を探ってみると、対策を見つけやすいかもしれません。小さな工夫で解決するにしろ、根本的に説得するにしろ、一歩も譲らない姿勢で協力を迫りましょう。

節約に目覚めさせることができたら、次は持続させる工夫が必要なようです。夫婦で家族の明るい将来を語り合いながら協力すると、前向きに続けられそうです。(安藤美穂)


【調査概要】
期間:2013年5月16日(木)から18日(土)まで
対象:合計500名(20代、30代、40代の既婚女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock