「長男だから当然」とUターンを期待する義父母をかわす逃げ口上9パターン


大事なことなら息子本人に相談すればいいのに、なぜか嫁に向かって「そろそろ帰郷を…」と切り出す義父母。「夫に言ってください」とピシャリと返すのが難しいときは、どう対応するのが無難でしょうか。そこで今回は、20代から40代の既婚女性500名に聞いたアンケートを参考に「『長男だから当然』とUターンを期待する義父母をかわす逃げ口上」を紹介します。

  • 【1】「ご不安ですよね、わかります」と、最初に気持ちに寄り添ってみせる

    「『体も昔のようなわけにはいきませんものね』と、相手の気持ちを言葉にしてみます」(30代女性)というように、言下に否定せず、胸中を察してフォローするのは良い案でしょう。期待に添う返事ができないとしても、「常に気にかけている」と伝えることで、義父母の気持ちも少しは落ち着くかもしれません。

  • 【2】「私も気がかりなんですが…」と、相手の話を受けとめる

    「『考えていないこともないんですが…』と曖昧に言います」(30代女性)というように、とりあえず明言を避けておく妻は多いようです。たとえ内心では「なんで長男だからってウチばっかり…」と思っていても、「私からは何とも…」と口ごもっておいたほうが無難でしょう。

  • 【3】「あの人はどう考えているのやら…」と、夫しだいと匂わせる

    「『○○さんの気持ちひとつです』と夫に振ります。正直、私に言われても…」(30代女性)というように、「夫を尊重する妻」のスタンスを貫いてもいいでしょう。とはいえ、帰郷する気が皆無なら、あとで夫には「子どもの教育や職探しを考えたら、Uターンなんて無理!」と釘を刺しておきましょう。

  • 【4】「転校させるのが不安で…」と、育児環境を憂える

    「『幼稚園に慣れたばかりで』と、娘の事情を訴える」(20代女性)というように、子どもを盾にして気が進まないことを匂わせるのもよさそうです。「アレルギーの経過観察が…」「思春期だから難しくて」等々、子ども関連の心配事ならネタが尽きないでしょう。

  • 【5】「こちらでは、自宅から大学に通えませんし」と、進学問題に触れる

    「『下宿させるとお金もかかる』って重い現実です…」(40代女性)というように、子どもの進路について考えを及ばせる手もあります。「いざとなったら資金援助するから」と言われてしまったら、「それでは申し訳ないので」と返しながら次の一手を考えましょう。

  • 【6】「私の親の問題もありまして…」と、双方の親の板挟みだと伝える

    「『私のところも、自分と妹しかいないので』と、こちらの親のことを持ち出します」(20代女性)というように、嫁の実家の事情は切り札となりそうです。まさか義父母も「そっちの親はどうでもいい!」とキレるわけにはいかず、とっさに沈黙するかもしれません。

  • 【7】「今と同じ収入の仕事がないと…」と、経済的な理由を言う

    「『田舎では就職口が…。とくに夫は40歳越えてるので』って率直に言いました」(40代女性)というように、いまさら転職が難しいことを正直に告げる方法もあります。共働きならなおさら、夫婦双方の収入を確保しなければならないので、「今は考えられない」とひとまず断る決め手になるでしょう。

  • 【8】「いずれ定年退職したら…」と、将来に希望を持たせる

    「『そのうち…』と、ここ何年か繰り返してる気がします」(40代女性)というように、「いつか」と曖昧にするのも手っ取り早い対処でしょう。「『いつか』って、『いつ』? それまでに何かあったらどうするの!」と詰め寄られたら、「いつがいいんでしょうかねえ…」とはぐらかし続けるしかなさそうです。

  • 【9】「お父さんたちまだお若いから!」と、明るく切り上げる

    「『老い先短いから…』が決まり文句の義父母。『大丈夫ですって!』と笑いとばします」(30代女性)というように、泣き落としにはできるだけ明るく応じると、後味悪くならずに済むでしょう。平行線のまま長話をしても暗くなるだけなので、子どもを言い訳に「あ! そろそろ外に呼びにいかないと」などと、その場を離れてもよさそうです。

義理の親の希望を無下にすることもできない場合、「Uターン」の話題が出たら、あらゆるネタを駆使してお茶を濁すしかなさそうです。いくつか定番フレーズを用意しておき、同じ話を延々と繰り返す親に、できるだけ淡々とつき合うようにしましょう。(水谷仁美)


【調査概要】
期間:2013年3月6日(水)から3月7日(木)まで
対象:合計500名(20代、30代、40代の既婚女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock