初対面の男性の前で「張り切りすぎて、失敗しちゃった」エピソード9パターン


出会いの多い新生活。この出会いの中に、将来の彼氏がいるかもしれないと思うと、初対面から気が抜けませんよね。でも張り切りが逆効果になることも…。『オトメスゴレン』女性読者に聞いた「初対面の男性の前で頑張りすぎて失敗したエピソード」をもとに、その理由をご紹介します。

  • 【1】率先して場を仕切ったら、男女の連絡係を期待された

    「合コンの幹事とか、恋のキューピッド役で終わりがち」(20代女性)というように、頑張りすぎた結果、ほかの男女の連絡係にされるパターンです。場がまとまらなくてイライラしても、ぐっと我慢して男性が仕切るのを待つのが利口かもしれません。

  • 【2】グチすら根気よくじっと聞いたら、単なる相談相手になってしまった

    「折り入って話があると言うから告白かと思ったら恋愛相談だった」(20代女性)というように、頑張りすぎた結果、単なる相談相手にされるパターンです。男性にとって不満のはけ口にされているだけだと思ったら、途中で席を立ったり話の腰を折るなど、勇気ある行動が必要かもしれません。

  • 【3】和ませようとネタを披露したら、お笑いキャラになってしまった

    「女子が笑いを取ってもモテません!」(20代女性)というように、頑張りすぎた結果、お笑いキャラにされるパターンです。同じお笑いでもキレ味鋭いツッコミキャラより、天然のボケキャラになった方が可愛がられるかもしれません。

  • 【4】ノリに合わせて下ネタにのったら、下品だと思われてしまった

    「ヨゴレをやっていると、恋愛対象にされませんね」(30代女性)というように、頑張りすぎた結果、女性扱いされないキャラになるパターンです。下ネタを完全にNGにするのではなく、恥じらいながらも少し応える方が、男性の妄想を膨らませるのに良いかもしれません。

  • 【5】学歴やキャリアを話したら「自分とは住む世界が違う」と思われてしまった

    「勉強や仕事ができすぎると、男性がみるみる引いてゆく」(30代女性)というように、頑張りすぎた結果、自分とは別次元だと想われる「できる女」にされるパターンです。勉強や仕事はできるけど家事は苦手など、ギャップを見せると男性も安心するかもしれません。

  • 【6】いい人でいたら、「八方美人なのかも」と逆に警戒されてしまった

    「単なる親切心なのに、『腹黒い』って言われるんです」(10代女性)というように、頑張りすぎた結果、誰にでもいい顔をしている、いわゆる八方美人を疑われるパターンです。「私、偽善者ですから」とブラックな笑いを含ませると、かえって親しみやすくなるかもしれません。

  • 【7】ファッションやメイクをばっちりキメたら、「自分には不相応」と思われた

    「特にモード系は男の人を寄せ付けませんね」(20代女性)というように、頑張りすぎた結果、高嶺の花扱いされるパターンです。「でも、家ではファストファッションなんですよ」と庶民的な一面を見せると好印象かもしれません。

  • 【8】食べる量を控えたら、「一緒にご飯に行ってもつまらない」と思われた

    「ご馳走し甲斐がないみたいで、全然お誘いがきません」(20代女性)というように、頑張りすぎた結果、食事に誘われなくなるパターンです。たとえ本当に食が細くても、「男の人がモリモリ食べるところを見るのが好き」などとフォローを入れると良いでしょう。

  • 【9】頑張るところを評価されるのは良かったが、頑張りが長続きしなかった

    「無理しても後から化けの皮がはがれてがっかりされる」(20代女性)というように、張り切りすぎて途中で息切れして評価を落とすパターンです。評価はじわじわ積み上げるものだと思って、最初から飛ばしすぎないように注意しましょう。

「何事も最初が肝心」と言いますが、実際は初対面で頑張りすぎると恋愛ではやや不利かもしれません。好印象を与えるために頑張っているのに結果が出ない方は、今一度いつも自分がどういう「最初の一手」を打っているか考えてみてはいかがでしょうか。(熊山 准)
Photo:All images by iStock