浮気男と別れられない女性にありがちな「ダメ思考法」9パターン


浮気がちな彼氏となかなか別れられなかったり、二股をかけられていたり…つらい恋をしている女性は意外と多いもの。それを止められない理由は一体なぜなのでしょうか? 今回は、20代から30代の独身女性268名に聞いたアンケートを参考に「『浮気症の彼氏とズルズル付き合ってしまう』女性にありがちな考え方9パターン」をご紹介します。

  • 【1】「私にはこの人しかいない」と強く思いつめてしまう

    「私が愛するのはこの人だけと思い込んでいた」(20代女性)など、愛情の深さが逆に視野を狭くさせているケースも多いようです。残念ながら、思い込みが幸せにつながるとは限りません。時には合コンに出かけてみるなど、新しい出会いを探す価値はありそうです。

  • 【2】「他の女性に負けたくない」というライバル心が働く

    「女の意地のようなもの」(20代女性)など、他の女性の影が垣間見えることで、逆に引けない気持ちになるという女性も。しかし、不誠実な男性を巡って争うのは不毛というもの。奪い合うほど価値がある男性かどうか、冷静に考えたいところです。

  • 【3】彼氏の行動に不信感を覚えつつも「浮気の決定的な証拠がない」

    「確証がないから不安な気持ちのまま」(20代女性)など、彼氏の行動に怪しさを感じているものの、証拠を掴めないというケースも。一度ハッキリと聞いてみて、納得できる説明をしてもらったほうがお互いに安心できそうです。

  • 【4】彼氏が大切にしてくれない現状に不満はあっても「ほかに好きな人ができない」

    「恋する気持ちを忘れてきた」(20代女性)など、新しい恋が見つかる気がしないという女性もいるようです。今の彼氏との関係に結論が出ていないからこそ、ほかの男性へ目が向かないのではないでしょうか。現状にケジメをつける勇気が必要といえそうです。

  • 【5】彼の浮気癖が直らないと分かっていても「情が湧いて見捨てられない」

    「ダメな人だと思うほど別れられなくなる」(20代女性)など、彼氏のダメさを知れば知るほど離れられない女性もいるようです。付き合いが長くなると情が湧くのは当然ですが、それが自分の幸せにつながる行動かどうか、真剣に考えてみるべきでしょう。

  • 【6】ほかにも女がいる現状もつらいが別れた後を想像して「一人になるのが寂しい」

    「次の恋人ができる自信がない」(30代女性)など、一人になることに不安が大きいという女性も。しかし、積極的に恋を探す気持ちさえあれば、出会いのチャンスは無限に広がるもの。一時的にフリーになることは、些細なリスクと考えることもできそうです。

  • 【7】会っているときは彼が優しくしてくれるので「愛を感じてしまう」

    「なんとなくその場は満足してしまう」(20代女性)など、わずかに感じられる優しさを重く受け止めてしまう人もいるようです。が、それが本当の誠実さかどうかはわかりません。一度「今すぐ会いたい」と連絡してみて、相手の誠意を確かめてみてもよさそうです。

  • 【8】将来の結婚を想定して「いつか自分が一番になると信じている」

    「結婚相手としては条件がよくて…」(20代女性)など、将来的なパートナーとして見込んでいる相手だから離れられないという女性も。とはいえ、条件面で良い相手が必ずしも良いパートナーになるわけではありません。収入や学歴よりも、人間性で重視したいものです。

  • 【9】いつよその女に走るか分からない境遇に「逆にのめり込んでしまう」

    「不安定な恋だからこそ燃える」(20代女性)など、スリルのある恋に気持ちが燃え上がってしまう女性もいるようです。感情が理屈に勝ることはあるものですが、最終的に誰が一番傷つくことになるのか、落ち着いて考えてみるべきでしょう。

良くも悪くも相手の男性が魅力的だからこそ、「離れられない女性」がいるのでしょう。しかし、世の中には誠実かつ魅力的な男性は沢山います。その男性たちと出会えるかどうかは、自分の行動次第だということは忘れてほしくないものです。(呉 琢磨)


【調査概要】
期間:2013年3月20日(水)から3月26日(火)まで
対象:合計268名(20代、30代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock