「人前でソレはないだろ!」と夫をキレさせてしまった行為9パターン


家の中では許されても、人前ですると夫に「やめてくれ!」と止められる行為…。自分では意識しておらず、指摘されてはじめて気付く場合もあるようです。そこで今回は、20代から40代の既婚女性500名に聞いたアンケートを参考に「『人前でソレはないだろ!』と夫をキレさせてしまった行為」をご紹介します。

  • 【1】夫のことを軽視する

    「『ほら、この人頭が寒いから風邪ひきやすくて』と薄毛をネタにしたら激怒された!」(30代女性)というように、軽い冗談のつもりでも、夫をコケにして笑いを取ろうとすると、想像以上に男のプライドを傷つけてしまうケースがあるようです。男性は基本的に「繊細な生き物」だと心得て、人前では立ててあげたほうがいいでしょう。

  • 【2】根拠のない噂話を口にする

    「ママ友との電話で『駅前のスーパーって産地偽装してるらしい』としゃべってたら、あとで夫に『風評に加担するんじゃない!』と怒られた」(20代女性)というように、女性同士では単なる世間話でも、男性の耳に入ると「無責任な発言」だと、とがめられる場合があるようです。不確実なことは、公の場で口にしないほうが賢明でしょう。

  • 【3】まわりを気にせずガツガツ食べる

    「夫の同僚と食事したとき、つい人の皿にも手を伸ばしてしまい、叱られちゃった…」(30代女性)というように、家庭内では許されても、外では非常識だと思われる食べ方もあります。「仲良し家族とのバーベキューで、肉ばかり食べ尽くす」など、まわりに気を使わない行動にも注意しましょう。

  • 【4】場にそぐわない服を身につける

    「近所だからいいやと思ってこじゃれたレストランにジャージで行ったら叱られた」(40代女性)というように、身なりが適当すぎて、夫をガッカリさせてしまう人もいます。いくら面倒でも、手抜きしすぎて「女を捨ててる!」と思われたらシャクなので、ある程度は場所と人目を気にしたほうがよさそうです。

  • 【5】自分のことに夢中で、子どもを構わない

    「コンビニでママ友と話し込んでたら、夫に『おい! 子どもを放置するなよ』と耳打ちされた」(30代女性)というように、立ち話に夢中になるあまり、周囲への配慮がおろそかになることもあるでしょう。とはいえ、夫もそばにいるのなら「だったらあなたが子守してよ!」と言い返しても罰は当たらないかもしれません。

  • 【6】子どもに怒鳴り声を浴びせる

    「グズる息子に『おいて帰るぞ。いい加減にしろ!』と怒鳴り散らしたら、隣で夫がドン引き…」(30代女性)というように、人目もはばからずわが子をののしって、夫だけでなく周囲の人たちまで不快にさせてしまうこともありそうです。しつけは大事なことですが、感情をむき出しにしすぎないよう、程度を考えましょう。

  • 【7】機嫌が悪いことを隠さない

    「夫婦げんかの翌朝、隣の奥さんの前で夫にそっけない態度を取ってしまい、『家の中のことを外に出すなよ』と注意された」(30代女性)というように、第三者のいる場で気分のムラを出すようでは、夫を慌てさせてしまうでしょう。家庭内の揉め事は私的なことだと強く意識し、玄関を一歩出たら平常心を心掛けたほうがよさそうです。

  • 【8】周囲と会話せず、携帯ばかりいじる

    「親戚一同集まる席で、会話に入れずSNSに投稿しまくってたら、夫から『その態度なんだよ!?』とメッセージが届いた!」(20代女性)というように、他人に交わらず携帯ばかり見ている姿も、傍目には見苦しいものです。たとえ手持ちぶさたでも、大人ならにこやかにその場をやり過ごしましょう。

  • 【9】よその男性に色目を使う

    「口元のケチャップを拭ってあげたら、夫が激怒。相手は弟なのに、『イチャついてんじゃねえぞ!』だって…」(30代女性)というように、自分以外の男性とのスキンシップを極端に嫌がる夫もいるようです。「私って、愛されてるのね」と前向きに受け止めて、軽はずみな行動は慎みましょう。

キレるポイントは、夫によってさまざま。ムキになって反論せず、冷静に我が身を振り返ってみましょう。(佐々木恵美)


【調査概要】
期間:2013年5月16日(木)から5月18日(土)まで
対象:合計500名(20代、30代、40代の既婚女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock