コレクション癖のある夫と気持ちよく暮らすための工夫9パターン


マニアの夫が集めに集めた「お宝」を前に、「このまま増え続けたら、家が乗っ取られるかも…」とゾッとしたことはありませんか? そこで今回は、20代から40代の既婚女性500名に聞いたアンケートを参考に「コレクション癖のある夫と気持ちよく暮らすための工夫」をご紹介します。

  • 【1】「軍資金は持ってるんだよね?」と、家計をあてにさせない

    「『家のお金に手をつけたら即離婚!』と突きつけておく」(30代女性)というように、「援助は絶対しない」とあらかじめ宣言してしまえば、欲望に任せて買い漁る行為は牽制できそうです。我慢を持続させるためには、「ボーナスが出たら5万は自由にしていいよ」などと、たまに手綱を緩めることも必要でしょう。

  • 【2】「お小遣いの範囲でね」と、予算に制限を設ける

    「『自分のお金でならどうぞ』と放任。どうせたいした額は持ってないし」(20代女性)というように、夫の割り当て分のなかでなら、使い道を自由にさせる手もあります。自分でお金を管理して、買うものを厳選せざるを得ない状況に仕向ければ、収集のペースを抑えられるでしょう。

  • 【3】「特別な日にだけ買おう」と、購入ペースを管理する

    「夫は鉄道模型が趣味。『誕生日以外は増やしちゃダメ!』と厳しく監視している」(40代女性)というように、やみくもに買い集めさせないために、購入頻度を決めておくのもよさそうです。とはいえ「ルールは守っているから」と一度にまとめ買いされても困るので、限度額も決めておくと安心かもしれません。

  • 【4】「1キロ痩せたら、1個買ってよし」と、交換条件をつけて許す

    「『禁煙1週間ごとに千円進呈』と約束し、健康とコレクションの両方を獲得させる作戦!」(20代女性)というように、夫の収集癖を「アメ」として利用する、賢いやり方もあります。細かくご褒美をあげて、着実に欲しいものに近づいているという実感を持たせると、夫のモチベーションを保てそうです。

  • 【5】「集めて飾ったらかっこよくない?」と、置く場所を限定する

    「本棚の隙間に置きまくるせいで、フィギュアが無尽蔵に増加。陳列ケースを買ってあげたら、数とバランスを考慮するようになった」(30代女性)というように、「買っては放置」を繰り返す夫には、「全体像」を把握させるとよさそうです。妻の目にはガラクタに映るコレクションも、見栄えがよくなれば少しは許容できるかもしれません。

  • 【6】「いい機会だから整理したら?」と、期限を決めて棚卸しさせる

    「『子どもが産まれる前になんとかして!』と迫り、押入れを半分明け渡してもらいました」(20代女性)というように、ここぞというタイミングで、収集品を片付けさせるのもいいでしょう。「高く売れたら、お金は好きに使っていいよ」とネットオークションを薦めると、重い腰を上げてくれるかもしれません。

  • 【7】「コンプリートしたらおしまい」と、目的を達成したらそれ以上は集めさせない

    「キリがないので、『このシリーズを揃えたらもう買いません』と念書を書かせた」(40代女性)というように、アイテム発売のたびに翻弄される夫には、区切りをつけさせたほうがいい場合もありそうです。「あと少しだけ…」と懇願されても、頑として首を縦に振らない姿勢を貫きましょう。

  • 【8】「このペースで集めていくと…」と、今後どうなるかを想像させる

    「『まだ増えるなら、私が家を出てスペースを空けるしかないね』と脅した」(30代女性)というように、夢中になっている夫の目を覚ますには、収納場所やお金の問題を具体的に説明しましょう。「大丈夫でしょ」と呑気な様子なら、「実家に帰る」など強硬手段で怒りを表すといいかもしれません。

  • 【9】「子どもと遊べるのも今のうちだよ」と、もっと優先順位の高いものに気づかせる

    「運動会を忘れてイベントに行こうとした夫。息子と泣きながら抗議しました」(30代女性)というように、趣味にかまけて視野が狭くなっている夫には、現実を直視させたほうがよさそうです。「好きなこともできないなんて…」とボヤくようなら、「いつか再開すればいいでしょ!」と諭してしまいましょう。

際限なく収集を続けようとする夫には、今すぐ購入を控えさせることが無理でも、長期的な作戦で「規模の縮小」を促すのがよさそうです。家計と住環境を守るため、「影の管理者」となって夫を誘導しましょう。(安藤美穂)


【調査概要】
期間:2013年5月16日(木)から18日(土)まで
対象:合計500名(20代、30代、40代の既婚女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock