男性上司に「だから独身なんだよ!」と思わずつっこみたくなる瞬間9パターン


独身の男性上司のなかには、「独身なのも無理はない」と納得してしまう人もいるもの。そうしたジャッジは、どんな部分で下されているのでしょうか。そこで今回は、20代から40代の未婚女性500名に聞いたアンケートをもとに「男性上司に『だから独身なんだよ!』と思わずつっこみたくなる瞬間」をご紹介します。

  • 【1】自分の非を認めず、ミスを人のせいにしたとき

    「謝れない人とは、誰も一緒に住みたくないと思う」(20代女性)というように、何か起きたときに責任転嫁する上司は、独身なのもやむを得ないと思われるようです。目にあまるようなら、「あれっ、○○っておっしゃってましたよね?」とさりげなく指摘してみてはいかがでしょうか。

  • 【2】飲み会やランチ時の雑談が限りなくつまらなかったとき

    「話していることがあまりにも面白くないと、2回目のデートはないでしょう(苦笑)」(20代女性)というように、話がつまらない上司もやり玉にあげられていました。こんな上司と飲み会で隣同士になってしまったら、これも仕事の一環と割りきって、聞き役に徹するようにしましょう。

  • 【3】あまりにマニアックな趣味を持っているのがわかったとき

    「は虫類好きの上司の家は、『は虫類館』と化しているらしい…絶対イヤ!」(20代女性)のように、特殊な趣味を持つ男性も、結婚は厳しいと判断されがちのようです。好きな相手が何かをコレクションするような、住空間を侵食する趣味を持っていないか、この機会に確かめてみてもいいかもしれません。

  • 【4】「男は」「女は」といった男尊女卑的発言をしたとき

    「『家事は女がするもの』と豪語していた上司は、そもそも奥さんがいない…」(30代女性)と、亭主関白的な発言を繰り返す男性も、結婚できなさそうだとみなされるようです。飲みの席などフランクに話ができる場で「そういう発言、女性は悲しくなっちゃいますよ」とやんわりダメ出ししてみてもいいかもしれません。

  • 【5】新入社員にさえ、決して奢らないことがわかったとき

    「上司のケチっぷりを見ると『旦那だったら最悪』と思っちゃいます」(20代女性)のように、財布のヒモが堅すぎる男性も、女性からは不評のようです。上司なら当然出すべきお金もしぶるようなら、「結婚資金でも貯めてるんですか?」とチクリと言ってみてはいかがでしょうか。

  • 【6】会議で人の意見を聞かずに、自己中心的に物事を進めようとしたとき

    「聞く耳を持たない人とは、一緒にいて息が詰まりそう」(30代女性)というように、自己中心的な態度を結婚できない原因としてあげる人もいました。こんな上司に意見を提案したい時は、同僚たちと共同戦線を組む必要があるかもしれません。

  • 【7】立場的に下の取引先に対する言動がひどかったとき

    「上にはペコペコ、下には横柄という上司は、人間的にちょっと…」(20代女性)と、相手の立場によって態度を変える上司にも、人としての魅力が感じられないようです。後輩を叱るときなどにこうした上司を思い出すと、うっかりパワハラ的な発言をせずにすむでしょう。

  • 【8】身だしなみのだらしなさが目についたとき

    「フケが肩に降り積もっているとか、本当にムリ!」(20代女性)など、不潔感やだらしなさを感じさせる男性も、結婚は難しいと思われるようです。ある程度親しいなら、「せっかくのスーツが台なしですよ」などと指摘してあげてもいいかもしれません。

  • 【9】毎日持参しているお弁当が、実は母親の手作りだとわかったとき

    「いい年してマザコンでは、結婚は厳しいと思う」(30代女性)など、毎朝母親にお弁当を作ってもらっているパラサイト上司も、ひそかに眉をひそめられているようです。共働き家庭が多い昨今では、実家暮らしで家事能力の低そうな男性は、結婚相手として不利なのかもしれません。

いい年をして独身の上司には、やはり「独身なのも、ムリはない」と思われる理由があるようです。これを機に、恋人に危険な兆候はないかチェックしてみるのもいいでしょう。ほかにも、「『だから独身なんだよ』とつっ込みたくなる上司」に関するエピソードがあれば、ぜひ聞かせてください。(萩原はるな)


【調査概要】
期間:2013年5月16日(木)から5月23日(木)まで
対象:合計500名(20代、30代、40代の未婚女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock