男性に「ははーん…この子、俺のメールを欲しがってるとみた!」と思わせる小悪魔セリフ9パターン


メルアドを交換したものの、それで終わりにならないよう、新たに知り合った男性からメールが届くように仕向けるにはどうしたらいいのでしょうか。そこで今回は、20代から30代の独身男性319名から集めたアンケートを参考に、「男性に『ははーん…この子、俺のメールを欲しがってるとみた!』と思わせる小悪魔セリフ」をご紹介いたします。

  • 【1】本音のやりとりができるとアピールする「メールだと結構大胆なの」

    「メールではどんなキャラなのか興味がわく」(20代男性)というように、文字のやりとりの中だけでしか見せないという「女性の本当の姿」が気になってメールしてしまうようです。大人しそうと思われがちな女性が言うと、男性はより興味をそそられるでしょう。

  • 【2】男性からのメールを歓迎する「いつでもメールちょうだい」

    「頼まれたら送るしかないでしょ!」(20代男性)というように、女の子に求められていると分かれば、男性はメールを送りたくなるもの。控え目な男性も、素直に「ちょうだい」とおねだりされれば連絡しやすいはずです。

  • 【3】一人暮らしをアピールする「夜、一人でさみしいから連絡して」

    「近いうちに女の子の家に上がれるかも…?」(20代男性)というように、男性の下心を刺激する一言となりそうです。強烈に惹かれる男性と出会ったときは、このくらい大胆にアプローチしてもいいのかもしれません。

  • 【4】男の狩猟本能を刺激する「私、マメなメール攻撃されると燃えるタイプなの」

    「まあ、追いかけてみたくなるよね(笑)」(20代男性)というように、女の子の「愛されたい願望」を聞くと迫りたくなるという男性も。合コン中に恋バナが出たら、話の流れでさりげなく自分の恋愛観を男性に伝えておくといいでしょう。

  • 【5】挑発的な言葉がそそる「メルアド交換して終わりじゃないよね?」

    「ツンデレ感があって萌える」(30代男性)というように、男性をけしかけるようなセリフにそそられる人もいるようです。かわいらしさを演出するのが苦手な人は、ツンデレなセリフでせめてみてはいかがでしょうか。

  • 【6】男性の得意ジャンルに興味を示す「○○についてメールで教えてほしいな」

    「いくらでも話したい!」(20代男性)というように、男性の趣味などへの関心をアピールすれば親近感を抱かれやすいでしょう。メルアドを交換する前に、たくさん会話をして男性の得意ジャンルを探っておきたいところです。

  • 【7】秘密の共有に期待が高まる「ここじゃ教えられないから…メールでよろしく」

    「確かにメールなら伝えられることもある」(30代男性)というように、面と向かってではしにくい話ができると分かれば、男性のメール意欲もグッと高まるというもの。初キスの年齢など会話中に簡単にバラしたくないことを聞かれたら、メールに誘導するといいかもしれません。

  • 【8】ピュアな気持ちにドキッとする「真剣な恋をしたい! メール待ってます」

    「僕も同じ気持ちです!」(20代男性)というように、恥ずかしげもなく純愛を志願する姿に胸を打たれたという男性も。結婚を視野に入れ、真剣なお付き合いをしたいと願う男性には、女の子の純粋な想いが一番響くのでしょう。

  • 【9】直球な言葉にキュンとする「メールをくれたら嬉しいな!」

    「好意を持っていると分かって、こっちも嬉しい」(30代男性)というように、ストレートな申し出を受け、恋の予感にウキウキするという男性も。男性からのメールを頭の中で期待するだけでなく、気持ちをサラッと言葉にしてみると、その後の展開が大きく変わるかもしれません。

「メールがほしい」という気持ちは、言葉にしないと伝わりにくいもの。シチュエーションやセリフを考え、とにかく実行すれば、きっと男性から嬉しいメッセージが届くでしょう。(外山武史)


【調査概要】
期間:2013年3月20日(水)から3月26日(火)まで
対象:合計319名(20代、30代の独身男性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock