バツイチ男性が恋に臆病になってしまう理由9パターン


気になるバツイチの男性が恋愛に消極的で、どうアプローチしたらよいか悩む女性は多いかもしれません。彼らが新しい恋をためらう理由とはどのようなことでしょうか。今回は、スゴレンのバツイチ男性読者の意見を参考に、「バツイチ男性が恋に臆病になってしまう理由9パターン」を紹介します。

  • 【1】「バツイチ」が女性にとってマイナス要素だと感じるから

    「ハンデを背負っている気分」(20代男性)など、「バツイチ」が女性に悪印象なのではと、積極的になれない男性もいるようです。「別れた原因が何かによるよ!」と離婚経験を悪く思っていないことをアピールすると、男性が安心して距離を縮めようとするかもしれません。

  • 【2】もう二度とつらい別れをしたくないから

    「思い出すだけでもキツい」(30代男性)など、過去の嫌な記憶がトラウマとなり一歩を踏み出せない男性もいるようです。一気に恋愛関係を求めると、男性は心の準備が出来ないため引いてしまうかもしれないので、徐々に距離を詰めるほうが効果的かもしれません。

  • 【3】経済的な負担が多く、新たな恋愛の足かせになりそうだから

    「彼女ができても贅沢させてあげられない」(30代男性)など、養育費などの金銭問題が、ふたりの将来にとって足かせになるのではと、思う男性もいるようです。「豪華な生活は望んでない」など、男性の不安を払拭してあげると、安心してアプローチしてきてくれるかもしれません。

  • 【4】過去の苦い経験のせいで、心から誰かを好きになることがもうない気がするから

    「女性不信気味になってしまった」(20代男性)など「また女性に裏切られるのでは」という懸念から、新しい恋に踏み出せない男性もいるようです。心の傷となった出来事を聞きつつ「私ならそんなことしない」と、まずは恋愛をする勇気を与えてあげるのが得策かもしれません。

  • 【5】恋のライバルがバツなしの場合、勝てる気がしないから

    「離婚経験のない相手のほうが女性も幸せになれる気がする」(30代男性)と、女性の親に反対されるなど、相手に苦労をかけそうだからと諦めてしまうケースです。「バツイチ男性のほうが結婚の現実を知っている分うまくいきそう」などバツイチだからこその魅力を伝えてあげると男性は手放しで喜ぶでしょう。

  • 【6】離婚後初めて付き合った彼女とうまくいかず、恋愛自体に自信がなくなったから

    「もう恋愛にはこりごり」(30代男性)など、立て続けの失敗で、恋愛に向いていないと凹むバツイチ男性もいるようです。「私がリハビリ相手になりますよ」など励ましつつアピールすると、その優しさに胸キュンする男性は多いでしょう。

  • 【7】女性にたいして不信感を持ってしまったから

    「もう二度と女を信用するもんか」(20代男性)など、前妻への憎しみから、女性全般を敵視してしまうケースです。「みんなが奥さんみたいな性格じゃない」など、彼の偏見を悲しむと、そのまっすぐさに男性は考えを変えようと前向きになるかもしれません。

  • 【8】世間体を気にして、すぐに恋愛に踏み込めないから

    「白い目で見られそう」(20代男性)など、離婚直後の恋愛を周りが受け入れてくれないのでは、と心配する男性もいるようです。「前に進まなきゃ!」などと言って男性の背中を押してあげると、アプローチへの決心がつくかもしれません。

  • 【9】前妻との間に子供がいる場合、子供の気持ちを考えてしまうから

    「罪悪感を感じる」(30代男性)など、自分が子供の母親以外の人と一緒にいることで、「我が子が傷つくのでは」と怖れる男性もいます。「子供と会ってあげてね」など男性を独り占めする気がないことを伝えておくと、いい関係が築ける女性だと思ってくれそうです。

ほかにも、「バツイチ男性が恋に臆病になってしまう理由」はありますでしょうか。みなさまの意見をお待ちしております。(富岡由郁子)
Photo:All images by iStock