彼女ができたことで生じた「正直いって面倒くさいこと」9パターン


恋人ができるのは嬉しいことですが、自分一人で思い描いていた理想の恋愛と、現実の付き合いには違いがあることも事実。彼女ができたことで生じるアレコレに、予想外の「面倒くささ」を感じている男性もいるようです。今回は『スゴレン』男性読者への調査結果をもとに、「彼女ができたことで生じた『正直いって面倒くさいこと』9パターン」をご紹介します。

  • 【1】「毎日メールしてね」など、用事がなくても連絡を強いられること

    「ルールを作られると面倒くさい」(10代男性)など、毎日のメールを強制されるのが苦痛と感じる男性は多いようです。ルール化するよりも、自分から些細なメールを頻繁に送ることで、自然とマメにやり取りするよう仕向けるほうが賢明でしょう。

  • 【2】メールの返信をしないと「なんで無視するの?」と責められること

    「忙しくて残業してるだけなんですが…」(20代男性)など、ちょっとした連絡のすれ違いに過剰反応すると、男性はうんざりするようです。よほど火急の用件でもない限り、返信を催促するメールを何度も送ったりすることは避けたほうがよいでしょう。

  • 【3】「私のこと好き?」と何度もしつこく確認されること

    「『言わされる感じ』が好きじゃない」(20代男性)など、自分から問いただしても、心からの言葉は聞けないようです。「愛情は言葉にしないとわからないからね」と伝えるなど、彼氏が自発的に言いやすいように日頃から伏線を張っておきましょう。

  • 【4】忘れてしまうほど細かい「記念日」がたくさんできること

    「『2ヶ月記念日』とかさすがに理解できない」(20代男性)など、男性は「二人の記念日」をたくさん作ることを好まない傾向があるようです。無理に覚えてもらわなくとも、自分から当日に「お祝いしよう!」と言えば、断る彼氏もいないでしょう。

  • 【5】相手の都合に合わせてデートの予定を組まなくてはいけないこと

    「こっちも忙しいのに、自分の都合ばかり言われるとキツイ」(20代男性)など、一方的に自分のスケジュールを優先していると、彼氏はデート自体が面倒になってくるようです。ときには相手のヒマな日に自分から会いに行くなど、負担を感じさせないことも大切でしょう。

  • 【6】サプライズのお祝いなど、手の込んだデート企画を考えること

    「当然のことみたいに期待されると…」(20代男性)など、サプライズなデートはあくまでも恋愛のスパイスであり、彼氏の義務ではありません。それを踏まえつつ、彼氏の誕生日に意外性のある楽しいお祝いをしてあげれば、お返しを期待していいかもしれません。

  • 【7】ハッキリ言わない彼女の要求を「察してあげる」必要があること

    「『女心がわかってない』と言われても無理なんだよ」(30代男性)など、彼氏に対してテレパシー的な心の通じ合いを求めるのは、ちょっと厳しいようです。してほしいことがあるときは、恥ずかしくてもキチンと言葉にすることが大切でしょう。

  • 【8】男友達と遊ぶ約束に文句を言われ、寂しがられること

    「人間関係ってものがあるでしょ?」(20代男性)など、プライベートな時間をすべて自分に向けてもらおうとすると、彼氏は疲れてしまうようです。会えない日は自分も友達と遊びにいくなど、お互いの時間を充実させることを考えないと「重い女」になってしまいそうです。

  • 【9】彼女がすぐに「別れる!」と言い出し、なだめるのに時間がかかること

    「駆け引きで言ってるのがバレバレ」(20代男性)など、ケンカの際に勢いで別れ話を持ちだすと、彼氏は面倒に感じるようです。最初の数回は効果的でも、繰り返せば相手もあきれてしまいます。彼氏の信用を損ねないためにも、気軽に口にするべきではないでしょう。

ほかにも、「彼女ができたことで生じた『正直いって面倒くさいこと』」があれば教えてください。ご意見をお待ちしております。(呉 琢磨)
Photo:All images by iStock