既婚者が語る恋愛と結婚の違い9パターン


恋と愛の違いに明確な答えがないように、恋愛と結婚の違いを知っている人も少ないのではないでしょうか。結婚後に「こんなはずじゃなかった」と後悔しないために、どんな変化が訪れるのか知っておきたいところです。そこで今回は『オトメスゴレン』の主に既婚の女性読者のみなさんに「恋愛と結婚の違い」について感じていることを教えていただきました。

  • 【1】恋愛はイベントだけれど、結婚は生活

    「恋人だったときは非日常、夫になってからは日常…」(40代女性)というように、恋愛中は特別だった二人の時間が、結婚後は「普段の生活」に変わるという意見です。一つ屋根の下で毎日顔を合わせられる相手かどうか知るために、婚前旅行や同棲生活をしてみることも重要かもしれません。

  • 【2】恋愛はマンツーマンだけれど、結婚は対チームになる

    「昔は彼氏だけ、今はお互いの家族のことも考えなきゃダメ」(20代女性)というように、結婚をすると彼だけではなく、その親類との付き合いが重要になるという女性も。よく言われることですが、彼だけでなくその家族をよく知っておいたほうがよさそうです。

  • 【3】恋愛は気持ちが先行するけれど、結婚は行動が大切

    「幸せのために自分も行動するのが結婚」(30代女性)というように、ただ相手を愛するのではなく、二人の幸せのために自ら努力するのが結婚だという女性も。やはり、長きにわたり家族を守るには、仕事や家事などの行動が不可欠ということなのでしょう。

  • 【4】恋愛は相手の「いいとこどり」、結婚は「悪いところは目をつぶる」

    「欠点の一つや二つ仕方がないと思えないと無理」(30代女性)というように、相手の魅力を発見するだけでなく、価値観の違いを見つけても受け入れるのが結婚だと語る女性もいます。とはいえ、我慢するばかりではいつか破たんするので、いいところを褒め合う習慣をつくってハッピーにすごしたいところです。

  • 【5】恋愛中は自分が一番大切、結婚は自分が二番目、三番目になる

    「子どものためなら自分を犠牲にできる」(30代女性)というように、自分が最優先だった恋愛中と異なり、自分より大切な存在が増えるのが結婚だという女性も。愛する対象が広がる喜びを感じられるのは、結婚生活における幸せの一つかもしれません。

  • 【6】恋愛は練習、結婚は本番

    「いきなり本番はキツイよ」(30代女性)というように、いろんな男性とお付き合いして異性への耐性をつけておくと、結婚後の生活もうまくいくという女性もいます。交際中は衝突を恐れず、本音の付き合いをしたほうが人の気持ちをキチンと理解できる人間になれそうです。

  • 【7】恋愛中は「思いやり」だったことが、結婚後は「義務」になる

    「家事なんかがその典型かも」(20代女性)というように、恋愛中、相手を想ってしていたことが、結婚生活では当たり前になると語る女性もいます。「料理は私、片づけは旦那」など、結婚後はある程度の役割分担が必要かもしれませんが、相手が疲れているときには強制しないなど、相手を思いやる姿勢は忘れずにいましょう。

  • 【8】恋愛ではワクワクドキドキを求め、結婚は安心感を重視する

    「刺激はないほうがいいかも」(30代女性)というように、恋人時代の駆け引きや恋愛の高揚感より、平和な毎日を求めたくなるのが結婚のようです。「もっとドキドキしたかった」と悔いを残さぬよう、未婚の間に恋愛に全力投球しましょう。

  • 【9】恋愛は二人だけど、結婚は二人、三人と幸福が広がる

    「いろいろあるけど今幸せです」(30代女性)というように、夫やその親族、子どもなど、家族が増える喜びは結婚生活ならでは。苦労や我慢が必要な分、恋愛を超える幸せを得られるのが結婚と言えそうです。

結婚は大変と決めつけず、時間をかけて恋愛よりも大きな幸せを育てていくものと考えてみてはいかがでしょうか。10年先、20年先を一緒に語り合える人が見つかれば末長い幸福が待っているでしょう。ぜひ、同じ未来を見つめられる男性を探してみてください。(外山武史)
Photo:All images by iStock