先輩から感情的に怒られたときに自分の心を鎮める「魔法の言葉」8パターン


怒ると感情的になる先輩は、どこの会社にもいるものです。そんな怒りにさらされたときのイライラを抑えるには、一体どうしたらいいのでしょうか。そこで今回は、20代から40代の未婚女性500名に聞いたアンケートを参考に「先輩から感情的に怒られたときに自分の心を鎮める『魔法の言葉』」をご紹介します。

  • 【1】「この人みたいにはならないぞ」と反面教師にする

    「感情的に怒られるのがどれほど嫌なのかを学ぶ場だと考える」(20代女性)という意見もあるように、あまりに耐え難い場合は、相手を反面教師と捉えてみてはいかがでしょうか。「なってはいけないお手本」と接していると思って、観察する気持ちで向き合いましょう。

  • 【2】「この世に完璧な人はいない」と誰にでもあることだと言い聞かせる

    「どんな人でも、感情のコントロールが利かなくなることはある」(20代女性)というように、「人間だからしょうがない」と大きく構えてみると、心が楽になるかもしれません。「自分だって感情的になってしまうことはある」などと、我が身に置き換えてみると、感情的な相手のことも少しは思いやれるかもしれません。

  • 【3】「かわいそうな人だ」と哀れむ

    「毎回感情的になっちゃう人は、そういうふうにしか感情表現できないかわいそうな人!」(30代女性)というように、短気な人に対しては、少し上から目線で哀れむことで、慈悲の心を持てるかもしれません。ただし、哀れみの気持ちが表情に表れると、相手を余計に怒らせかねないので、叱られている最中は反省の表情を心がけましょう。

  • 【4】「あとちょっとの我慢!」と終わりがあることを意識する

    「こんな時間がいつまでも続くわけじゃない、と思えば乗り切れる」(30代女性)というように、いっときの我慢だと思ってやりすごすのもひとつの手でしょう。なるべく楽観的に構えて、相手が冷静になってくれるのを待つようにしてはいかがでしょうか。

  • 【5】「怒られるうちが花なんだ」と前向きに解釈する

    「注意されるのは期待されている証拠!」(20代女性)というように、ポジティブに考えれば、少しは今の状況にもありがたみが生まれるかもしれません。たとえ感情的に当たられても、「私のためを思って言ってくれているんだ」などと考えると、少しは前向きになれるのではないでしょうか。

  • 【6】「忙しくて感情的になっているだけ」と滅多にないことだと思う

    「相手が大変な時は私が我慢してあげなきゃ」(20代女性)というように、相手の状況や感情的になってしまう原因を考慮して、「仕方ない」と自分に言い聞かせるパターンです。相手がクールダウンして謝ってくる可能性もあるので、ひとまず落ち着いて対応しましょう。

  • 【7】「今は黙っていたほうが身のため」とひたすら我慢する

    「自分がこれ以上攻撃されないことを最優先に考える」(20代女性)というように、我慢して黙っていた方が自分にとって有益だと考えて、気持ちを切り替えるパターンです。反論した場合にどうなるかを想像すると、刃向かう気力も失せるでしょう。

  • 【8】「これはBGMだ」と思って気を紛らわせる

    「最後の手段。もうパンク音楽だと思い込む(苦笑)」(20代女性)というように、あまりにも延々とお説教が続く場合は、いっそ目の前の現実から脳内逃避してしまう手もあるようです。ただし、露骨に聞いていないことがわかると火に油を注ぐことになるので、相づちを打つなど、相手の話をきちんと聞いているアピールも忘れないようにしましょう。

ほかにも「先輩から感情的に怒られたときに自分の心を鎮める『魔法の言葉』」について何かエピソードがあれば教えてください。みなさんのご意見をお待ちしています。(持丸未来)


【調査概要】
期間:2013年3月25日(月)から4月1日(月)まで
対象:合計500名(20代、30代、40代の未婚女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock