後輩が思わず断りたくなる「仕事手伝って」トーク9パターン


社歴が長くなるほど、後輩に仕事をお願いするシーンも増えるはず。しかし、後輩に仕事を頼んでも、あまり快く受けてもらえないという人もいるのではないでしょうか。もしかしたらそれは、言い方に問題があるのかもしれません。そこで今回は、20代から40代の未婚女性500名に聞いたアンケートを参考に、「後輩が思わず断りたくなる『仕事手伝って』トーク」をご紹介します。

  • 【1】「どうせ暇でしょ?」と、暇であること前提で仕事を依頼する

    「仲のいい先輩でも、こういう言い方をされたら断りたくなる」(20代女性)というように、暇だと決めつけるような態度が許せないという意見が寄せられました。お願いする前に「今、手はあいてる?」と気遣いのひと言を添えると、スムーズに事が運びそうです。

  • 【2】「これだけやればいいから!」と、説明もなく仕事を丸投げする

    「こういうやり方をする人って、たいてい仕事ができない」(30代女性)というように、仕事を手伝ってもらえないだけでなく、自分自身の評価も下げかねない振る舞いといえそうです。「全然伝わっていなかった!」と後で愕然としないためにも、作業の内容説明はもちろん、資料なども用意した上でお願いするようにしましょう。

  • 【3】「人助けだと思って!」と、自分自身が楽をするために仕事を振る

    「うちのお局は、面倒な仕事の時だけ頼んでくる」(20代女性)というように、新入社員でもない限り、後輩も頼まれた仕事の難易度はわかるもの。いいように使われたくないと思うのも当然でしょう。「あなたがしてくれたって、部長に報告するね」など、後輩の功績をきちんと認めれば、少しはマシな印象になりそうです。

  • 【4】「いますぐやって!」と、命令口調で仕事を手伝うように言う

    「時間内に処理できない自分が悪いくせに、偉そうに言うな!」(20代女性)というように、たとえ後輩に対してでも、お願い事をするときは下手に出たほうが無難なようです。「いますぐお願いできないかな?」と、語尾を疑問型にするだけで、相手の反応が好意的なものになるのではないでしょうか。

  • 【5】「飲み会があるから18時には出たいの」など、私用を理由にする

    「合コンで早く帰りたいから手伝え的な理由だと、正直イラッとする」(20代女性)というように、あからさまにプライベートな用事を理由に助けを請うと、反感を買ってしまうかもしれません。「とても大事な用なの…」と、はずせない用事であることだけを強調したほうがよさそうです。

  • 【6】「あなたのためだから」と、恩着せがましい頼み方をする

    「そんなこと言って、自分のためでしょ!?」(20代女性)というように、鋭くこちらの本音を見抜く後輩もいます。回りくどい言い方はせず、「今度ランチおごるから」など物理的なお礼を提案するほうが、後輩も気分よく引き受けてくれそうです。

  • 【7】「今、いいかな?」と、終業時間ギリギリにお願いする

    「『つまり、残業しろってことですか?』と、キレそうになった」(20代女性)というように、頼み事を快く受け入れてもらうには、タイミングも重要でしょう。当日中の仕事なら、自分一人では処理できないと思った時点ですぐに打診し、翌日でも間に合うなら、「明朝、一つお願いしたいことがあるの」と、話を通しておくとよさそうです。

  • 【8】「少しだけだから…」と言いながら、明らかに分量が多い

    「引き受けてからの、だまされた感がハンパない」(20代女性)というように、要請時とあまりにも話が違うと、相手に悪い印象を与えてしまいそうです。後輩と今後も円満にやっていくためにも、「できるところまででいいから!」など、フォローを入れたほうがよいでしょう。

  • 【9】「○日までにできるよね?」と、予定を加味せず押し付ける

    「マイウェイすぎる人は嫌われますよ!」(20代女性)というように、自己中心的な振る舞いをすると、後輩からの信頼を失いそうです。処理できる量を後輩に確認してから進めることで、お互い安心して仕事ができそうです。

ほかにも、後輩が思わず断りたくなる「仕事手伝って」トークについて、エピソードがあれば教えてください。みなさんのご意見をお待ちしています。(大竹康予/Litofura)


【調査概要】
期間:2013年4月16日(火)から4月23日(火)まで
対象:合計500名(20代、30代、40代の未婚女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock