義母から押しつけられて迷惑に思う「理想のお嫁さん像」9パターン


「嫁たるものこうあるべき」などと、現実からかけ離れた模範的な嫁でいることを義母から一方的に期待され、対応に苦労している人もいることでしょう。そこで今回は、20代から40代の既婚女性500名に聞いたアンケートを参考に「義母から押しつけられて迷惑に思う『理想のお嫁さん像』9パターン」を紹介します。

  • 【1】帰宅するまで食事もせずに待つなど、息子に献身的に尽くしてくれる嫁

    「夫の帰りが午前様になっても、できたてホカホカのご飯を出すのが嫁の務めと思いこんでいる」(40代女性)など、甲斐甲斐しく夫の世話をすることを当然と考える義母も少なくありません。バレない限りは、なるべく夫を立てているフリをしておいてあげるほうが、余計な波風を立てずに済むでしょう。

  • 【2】料理上手でこまめに掃除もするなど、家事をパーフェクトにこなす嫁

    「煮干しから出汁を取る義母と同じレベルを求められる」(30代女性)など、炊事洗濯全般において百点満点を要求されるのも困りものです。そんな姑は、「お義母さんは完璧ですものね」と褒め殺ししておき、それ以上は注文をつけられないように牽制しておくのもひとつの手です。

  • 【3】口答えなど一切せず、「ハイハイ」と言うことを聞く従順で控え目な嫁

    「ちょっと反論しただけで、十倍くらいに言い返される」(20代女性)など、嫁が自分の意見を言うことを良く思わない義母もまだまだ健在です。普段はなるべくそつなくかわしながら、どうしても譲れないことがあれば、夫を通じて、それとなく耳に入れてもらうのも良いでしょう。

  • 【4】二世帯住宅に快く同居して、将来は老後の世話もしてくれる嫁

    「『いつかは一緒に暮らすんだから』が口癖。そんな約束したっけ!?」(30代女性)など、将来同居ができるものと一方的に期待している義母に対して、正面から断るのは勇気がいるものです。義母が同居や介護の話を持ち出してきたときは、「夫婦で相談してみます」と言って切りぬけるのが得策かもしれません。

  • 【5】「お義母さん!」と慕って話し相手になってくれるかわいい嫁

    「韓流スターがどうのこうのって、興味ないのに毎週長電話(怒)」(20代女性)など、フランクな間柄を望む義母に付き合わされて、閉口することもあるでしょう。いい加減面倒になってきたら、3回に1回は、忙しいふりをして避けてしまっても良いかもしれません。

  • 【6】大勢の孫を生んで、家を繁栄させてくれる子だくさんな嫁

    「『最初は女の子、次は男を2人以上』とか勝手に決めつけられてウザかったー!」(30代女性)など、おめでたを露骨に催促する義母には、夫婦のライフスタイルにまで口出しされているようで、困惑することもあるでしょう。「こればっかりは授かりものですから」と自然に任せるスタンスでやり過ごすのが賢明かもしれません。

  • 【7】家のしきたりや、自分のやり方を尊重して合わせてくれる嫁

    「『うちの味付けはコレや!』って、全部めんつゆじゃん…」(40代女性)など、義母流を強要されても、納得しかねる人もいるでしょう。とてもついていけないと思ったら、「私なんかが、お義母さんみたいに上手にできるとは思えませんから…」と謙虚なフリをしてごまかすか、ときには「自分のやり方を貫きたい」と宣言してみるのも良いでしょう。

  • 【8】家事や育児をすべて引き受けて、息子に手伝わせたりしない嫁

    「夫が子どものおむつを替えていたら、『信じられない』と言われた」(20代女性)など、「男子厨房に入らず」式の伝統的な考えを大事にする義母もまだまだ健在です。「でも○○さん(夫)、お料理とっても上手なんですよ! お義母さんの教育が良かったおかげですね!」というように、夫を褒める方向に話をすり替えましょう。

  • 【9】外に出て仕事などせずに、専業主婦として家を守ってくれる嫁

    「『仕事なんか辞めて育児に専念しなさい』とプレッシャーをかけてくる」(30代女性)など、外で働くことについて義母の理解が得られないのはつらいものです。そんなときは、「子どもに少しでもいい教育を受けさせたいんです」など、あくまでも家族のために働くことをアピールしてみましょう。

義母の期待には応えてあげたい気持ちもある一方で、どうしても希望に沿えないこともあって当然です。あまりがっかりさせないように上手に落とし所を探りながら、賢く立ち回りたいものです。(倉田さとみ)


【調査概要】
期間:2013年3月6日(水)から3月7日(木)まで
対象:合計500名(20代、30代、40代の既婚女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock