「夫の実家への帰省をパスしたいとき」の上手な言い訳9パターン


夫の実家に苦手意識を持っていたら、帰省に気が乗らないのは仕方のないこと。嫁としてしぶしぶ行っているのに、「休暇のたびに顔を出すのが当たり前」になっていたら、たまに「お役免除」を申し出たいのは自然な感情かもしれません。そこで今回は、20代から40代の既婚女性500名に聞いたアンケートを参考に「『夫の実家への帰省をパスしたいとき』の上手な言い訳」をご紹介します。

  • 【1】「最近、疲れやすくて…」と体調不良を盾にする

    「『無理しないほうがいいかも』と深刻そうに訴える」(30代女性)というように、体の不調を理由にすると、夫も無理強いはできないでしょう。咳や吐き気など、感染症の疑いがある症状を大げさに伝えて、「お義父さんたちにうつると申し訳ない」と言えば、「気遣いのある嫁」という体裁も保てそうです。

  • 【2】「親友が久しぶりに来るの」と用事を作る

    「『中学時代の仲良し4人で10年ぶりに集まることになって』とか、それらしい理由を考える」(20代女性)というように、どうしても外せない予定があることにしてしまうのもいいでしょう。腹を割って話せる友人がいれば、事情を明かして「帰省逃れの口実」に協力してもらうとよさそうです。

  • 【3】「今年は予算がないのよねえ」と家計の厳しさを伝える

    「『家族4人で毎回20万だよ!』と交通費の高さを強調する」(40代女性)というように、帰省費用を捻出するのがどんなに困難なのか、数字で示す手もあります。乗り気でないことを悟られないように、「もっと近かったら、気軽に行けるのに」などとさりげなくフォローしておきましょう。

  • 【4】「どうしても休めないの」と仕事を理由にする

    「『その時期、どうしても穴をあけられないから、ごめん!』と潔く謝れば、旦那も諦めるしかない」(30代女性)というように、働く女性にとって、仕事は恰好の言い訳になりそうです。「人手不足だから、みんな我慢してるの」などと、具体的に状況を説明すると、説得力が増すでしょう。

  • 【5】「次の休みこそ、物置を片付けたいの!」とほかにやるべきことを持ち出す

    「『夏物と冬物の衣類がぐっちゃぐちゃ。整理しないと…』とか大真面目に言えば、夫も口をつぐみます」(30代女性)というように、急いで解決すべき課題があると主張すれば、受け入れられやすいかもしれません。仕事や育児に追われる生活なのであれば、「休みが毎回帰省でつぶれるのは困る」と理解させたほうがいいでしょう。

  • 【6】「たまには親子水入らずでゆっくりしてきたら?」と差し向ける

    「『私がいると、話しにくいこともあるかもよ』と夫だけで行かせる」(30代女性)というように、「実の親子」での時間を楽しむよう、促してみるのもよさそうです。「何で?」と意外そうにされたとしても、「絶対喜ばれるから。いい親孝行になるよ」と力強く後押ししてみましょう。

  • 【7】「今度の休みは家族で過ごさない?」と提案する

    「『今年の夏は、夫婦で旅行したいな』と言ったら、すんなりOKだった」(30代女性)というように、法事などの重要な予定がなければ、あれこれ悩む前に希望を告げてみるのも手です。漠然と「出かけたい」より、「あそこの温泉に」などと魅力的なプランを出したほうが、夫もその気になりやすいでしょう。

  • 【8】「ひとりでのんびりさせてほしい」と休養を申し出る

    「『今は体も気持ちも余裕がなくて…』とぶちまける」(40代女性)というように、帰省するエネルギーがないことを正直に話すのもよさそうです。とはいえ、「夫の実家が気づまりだ」というニュアンスでは反感を買うかもしれないので、「私の勝手で申し訳ない」と下手に出たほうが賢明でしょう。

  • 【9】「私、猫アレルギーかもしれない…」と実家のペットを敬遠する

    「本当はただの花粉症なんですが、室内犬の毛もダメだということにしてます」(20代女性)というように、持病を理由にすることもできそうです。「去年までそんなことなかっただろ」と反論されても、アレルギーは突然発症するものだと説明すれば筋が通るでしょう。

「どうして毎回行かなきゃいけないの」「義弟一家は来ないのに、ウチばっかり…」など、気の進まない理由はほかにもいろいろあるでしょう。そんな本音を夫へストレートにぶつけて衝突するよりも、もっともらしい理由で帰省をパスするのが賢い妻の処世術といえそうです。(佐々木恵美)


【調査概要】
期間:2013年4月16日(火)から18日(木)まで
対象:合計500名(20代、30代、40代の既婚女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock