年下男子から「だから彼氏いないんだ…」と思われる職場での残念な振る舞い9パターン


フリーの女性ならば当然、後輩男子にとっての「憧れの先輩」になりたい気持ちがあるのではないでしょうか。しかし、日常的な振る舞いが原因で、彼らから「彼氏がいないのも納得」と思われている可能性もあります。そこで今回は、20代から40代の未婚男性500名に聞いたアンケートを参考に、「年下男子から『だから彼氏いないんだ…』と思われる職場での残念な振る舞い」をご紹介します。

  • 【1】昼食は連日コンビニ弁当である

    「自宅でも料理をしていないことがバレバレ」(20代男性)というように、女子力の低さを露呈する残念な振る舞いといえそうです。おかずはコンビニや社食で買うとしても、せめておにぎりだけは手作りを持参するなど、簡単なところからはじめてみるといいかもしれません。

  • 【2】何の仕事をするにも「どうせ私なんて…」と極端に自分に自信がない

    「つき合っても、毎日この調子じゃ疲れそう…」(20代男性)というように、扱いが面倒くさそうな女性は年下男子から敬遠されてしまうようです。たとえポーズでも「私にまかせて!」と余裕の表情を見せることで、年下男子も憧れる包容力のある女性に近づけそうです。

  • 【3】デスクの上にゴミやほこりがたまっている

    「自宅はきっと『汚部屋』なんだろうなと思ってぞっとした」(30代男性)というように、「片づけられない女性は論外」という厳しい声もありました。机の上はもちろん、ほこりを寄せつけやすいパソコンの裏側などは、まめに掃除をするといいでしょう。

  • 【4】「男のくせに」など、男性を見下す発言をする

    「こんな女性とつき合ったら地獄」(20代男性)というように、男性のプライドをへし折るような台詞は、たとえ後輩に対してでも御法度でしょう。常に持ち上げる必要はありませんが、時には「○○くん、すごい!」などと褒めて、自尊心を満たしてあげると、好感度も高まりそうです。

  • 【5】ランチタイムは、もっぱら男性アイドルの話に費やす

    「いい大人がアイドルに夢中なのは、さすがにドン引き」(40代男性)というように、アイドル好きもいきすぎると、男性を遠ざけてしまいそうです。同様の理由で、人目につきやすいパソコンのデスクトップの壁紙に、アイドルの写真を設定するのも避けたほうが無難でしょう。

  • 【6】飲み会では下ネタにも率先して参加する

    「ノリがよすぎるのも考えもの」(30代男性)というように、サービス精神が旺盛すぎると、女性として見てもらえなくなる恐れがあるようです。会話には積極的に参加しつつも、下ネタが始まったら後輩女子との会話に花を咲かせて、ステキ女子のポジションをキープする努力をしましょう。

  • 【7】職場に堂々とノーメイクで現れる

    「いい年して、職場で『すっぴん』はどうかと思う」(20代男性)というように、社会人のマナーとしても、ある程度のメイクは必須と言えそうです。どうしてもメイクをする時間がないときは、メガネとマスクでごまかすなど、恥じらいだけは忘れないようにしましょう。

  • 【8】常に自分のペースで仕事をしていて、他人に合わせる気がない

    「あまりにも協調性がない女性はイタい」(20代男性)というように、マイペースすぎる女性は、彼氏がいなくても当然だと思われてしまうようです。後輩が困っている時に「手伝おうか?」とひと声かける心遣いがあると、グンと株があがるのではないでしょうか。

  • 【9】何歳になっても実家にパラサイトしている様子が見え隠れする

    「職場での会話に、必要以上に家族ネタが出てくると引いてしまう」(30代男性)というように、家族好きも度を越すと、周囲に「自立できない女」という印象を与えてしまうかもしれません。「兄弟もみんな独立してしまって、両親が寂しがるから…」など、家族のために実家暮らしをしていることをアピールすれば、少し良い印象に変わりそうです。

ほかにも、「年下男子から『だから彼氏いないんだ…』と思われる職場での残念な振る舞い』について、エピソードがあれば教えてください。みなさんのご意見をお待ちしています。(大竹康予/Litofura)


【調査概要】
期間:2013年4月16日(火)から4月23日(火)まで
対象:合計500名(20代、30代、40代の未婚男性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock